« SONYがIoTプラットフォーム”MESH”のRaspberry Pi用が年内登場 | トップページ | Arduinoで世界初のパソコン”ALTAIR 8800”が作れる!? »

2017年10月11日 (水)

日経ソフトウェア11月号買ってみた

近所の書店が改装されたので、ちょっと覗きに行ったらつい買ってしまったのがこちらの本。

Img_1855

なんていうか、AI系の記事が多数あります。

Img_1856

付録はこの冊子とDVD-ROMの二つ。

Img_1857

中でも気になったのはこちら。なんとお手軽人工知能が付録です。

Img_1858

どうやら、画像認識系ですね。中身はきっとディープラーニングを使っているものと思われます。

Img_1859

まず読んだのはこちら。TensorFlow+Kerasの機械学習入門。

Img_1860

プログラムも載ってますが、どちらかというと教師データ集めの記事が中心といった感じ。

ディープラーニングやってみるとわかりますが、このデータをどうやって集めて、どうやって学習させるかで性能が大きく変わります。この辺りのノウハウはなかなか手に入りません。私も苦労してます。

Img_1861

ここでは画像水増しの方法なども含めて、教師データの作り方を紹介してますね。

ただ、私が本当に知りたかったのは、どちらかというと”検出”だったのですが、そちらは載ってませんでした。

Img_1862

続いて、付録の人工知能”ちの”の使い方が載ってました。

GUIで画像の学習、認識ができるようです。

犬、猫の画像を学習させて、さらに”シマウマ”の画像を追加していけば、どんどんと”賢くなる”人工知能が作れる、というのが売りのようです。

私もちょうど”転移学習”てのをやってますけど、あれを気軽にできる仕組みのようですね。

早速試したかったんですが・・・動作条件が”Windows 10 Pro”または”MacOS Sierra”となってました。うちのWindows 10 Homeは非対応。残念。

そういえば、先日隔月刊になったばかりの日経ソフトウェア。

その分、今回のように中身を充実していただけると嬉しいですね。

日経ソフトウエア 2017年 11 月号

« SONYがIoTプラットフォーム”MESH”のRaspberry Pi用が年内登場 | トップページ | Arduinoで世界初のパソコン”ALTAIR 8800”が作れる!? »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65889867

この記事へのトラックバック一覧です: 日経ソフトウェア11月号買ってみた:

« SONYがIoTプラットフォーム”MESH”のRaspberry Pi用が年内登場 | トップページ | Arduinoで世界初のパソコン”ALTAIR 8800”が作れる!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ