« IoTで4億の効果!?IoT導入事例 | トップページ | 一度はやってみたい工作!?Raspberry Piでスマートリモコン製作 »

2017年8月22日 (火)

Lightningケーブルが断線寸前に!

先日書いた記事で登場したLightningケーブル(Lightningコネクタにひびが!!: EeePCの軌跡)ではありません。

あれとは別のケーブルです。主に子供がiPad Air 2の充電に使っているケーブルですが。

Img_2997

こうなりました。

根元が完全に逝ってます。

Img_2998

といっても、こんな状態でまだ使えることは使えるんですが、さすがに電線むき出しで使うのは・・・

コネクタの根元に少しひびが入り始めたんですが、コネクタより先にケーブルの根元が破断しました。

この部分、Lightningコネクタの弱点のようですが、うちではこうなることはなかったんですよね。

長男が結構引っ張ったりよじったりしてたので、こうなったものと思われます。

Img_2999

何本かまだ予備があるので、新しいのを持ってきました。

長男にはあまり引っ張らないように言っておきました。

でも、そろそろ高耐久のものを一つ買っておいた方がいいですかね?

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】iPhone / iPad / iPod各種対応 1.8m ホワイト A8433521

« IoTで4億の効果!?IoT導入事例 | トップページ | 一度はやってみたい工作!?Raspberry Piでスマートリモコン製作 »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

iPhone5を買ったときに入っていた純正ケーブルが先日同じようになっちゃいました。気を使っていたほうだと思うんですが、やっぱり消耗品なんですね。
試しに高耐久をアマゾンで購入してみたら(3本で1000円くらいのもの)、結構しっかりしててびっくりしました。
他社のケーブルは、以前はいつ使えなくなるかわからない不安を伴っていたものですが、随分安定してきたように思えます(まだ使い始めなのでなんとも言えないですが^^;)

どれだけ「コネクタ部分を持って抜くように」と言い聞かせても、やはりついケーブル引っ張っちゃうんでしょうね。
大人でもこれが守れない人は少なくないみたいですし、子供だと特にかもしれませんね。

この際だから以前の「MagSafe」みたいな、マグネット式の充電ケーブルを使わせるってのはどうでしょう。
コネクタ本体がlightning、MicroUSBの両方付属していて、iPhoneと泥の双方で使えるものや、
充電だけでなくデータ転送にも対応しているもの、
コネクタ部分だけのアダプタで手持ちのケーブルが使えるものなんかもあります。
値段もピンキリだから、物によってはMFi対応してたりするのかも?

こんにちは、yojaさん。

最近は百均のケーブルでもOSアップデートで使えなくなることがなくなりましたよね。Lightningコネクタの根元のチップはすっかり解読されちゃったんでしょうかね?

私も実は高耐久ケーブルを注文しました。また記事にアップする予定です。

こんにちは、緋呂々さん。

上でも書いた通り、高耐久のケーブルを注文しました。磁石式も考えたんですが、今回は高耐久で攻めてみることにしました。これがダメだったら、次はいよいよ磁石式ですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65651248

この記事へのトラックバック一覧です: Lightningケーブルが断線寸前に!:

« IoTで4億の効果!?IoT導入事例 | トップページ | 一度はやってみたい工作!?Raspberry Piでスマートリモコン製作 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ