« キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu” | トップページ | 容量53,600mAhという化け物サイズでACコンセントも備えるモバイルバッテリー”enerpad AC-54K” »

2017年7月13日 (木)

Windows 10アプリストアに”Ubuntu”登場!

以前Windows 10のBash on Windowsがリリースされましたけど、ついに”Ubuntu”として正式に登場です。

Ubuntu LinuxがWindowsストアに登場。OS切り替えなしで本物のLinuxコマンドを利用可能に - Engadget 日本版

CUIですが、UbuntuがWindows 10の一部として組み込まれます。

単にLinuxのコマンドが使えるだけでなく、bash、ssh、apt、gitなどなどが使用可能。

これまでLinuxを使うために仮想環境を入れたりデュアルブートにしたりもう一台買ってみたりとなかなか大変でしたが、ついに一台でUbuntuとWindowsの両方を使うことが可能になりますね。

もちろん、TensorFlowも使用可能。あ、Chainerもいけるんでしょうかね?

なお、ほかのディストリビューション(Fedora、OpenSUSE)も登場予定だとか。

てことで、私もさっそく入れてみようとしたんですが・・・

まずWindows版”Ubuntu”(変な表現・・・)を入れるにはコントロールパネルを開き、「Windowsの機能の有効化または無効化」で「Windows Subsystem for Linux」に再起動しなきゃいけないんですが。

困ったことに、最近のアップデートでWindowsメニューを右クリックしても「コントロールパネル」が出てこなくなりました。

で、今のWindows 10ではどうやって「Windowsの機能の有効化または無効化」を開くのかと思って調べた結果。

Winubuntu04

「設定」の「アプリ」をクリックし、

Winubuntu05

右上に出てくる「プログラムと機能」をクリック

Winubuntu06

その中に出てきました「Windowsの機能の有効化または無効化」。

Winubuntu07

その中の「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れて再起動。

私は「Bash on Windows」を入れた時に既に設定済み。

・・・なんですが、アプリストアで”Ubuntu”を検索してインストールしようとしても「購入」というボタンが押せません。

Winubuntu01

おかしい・・・どのサイトでもこれでインストール可能だと出てますが・・・

Winubuntu08

どうやら「システム必要条件」の「Windows 10 Version 16190.0以降 必須」というのに引っかかってるようです。

が、Windowsの更新からアップデートしようにも「最新です」といわれるだけ。

Winubuntu09

「Windows Insider Preview」からダウンロードしろといわれるものの、ここで何をダウンロードすればいいのかわからず停止。

また土日にでも調べることにします。

とまあ、いきなり導入でつまづいてしまったWindows版”Ubuntu”ですが。

それにしてもバルマーさんのころはLinuxをWindowsと融合させるなんて考えられなかっただけに、今のMicrosoftの柔軟さには驚かされます。

ところで、来るものあれば、去る者もあり。

Microsoftが「Windows Phone 8.1」のサポートを終了、Windows Phoneシリーズはこのまま終了か - GIGAZINE

つい先日、Windows Phone 8.1のサポートが終了しました。

Windows 10 Mobileというのがありますが、これもハードは2015年10月以来ぱったりと途絶えてます。

ARM対応のフル版Windows 10が出るので、そちらにバトンタッチでしょうかね?

ちょっとだけLinuxにさわってみたい人のための Bash on Ubuntu on Windows入門

« キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu” | トップページ | 容量53,600mAhという化け物サイズでACコンセントも備えるモバイルバッテリー”enerpad AC-54K” »

Windows Phone」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

ストア版では、ブロックベースのダウンロードメカニズムを採用することで、ダウンロードサイズを最小化しているそうです(Officeでは採用済み)
これは次期大型アップデート「Fall Creators Update」から導入される仕組みでもありますし、現在検証テスト中の「Windows Insider Preview」上で利用可能な「Windows Subsystem for Linux(WSL)」が必要、ということなのだろうと思います

これらの導入方法は、少し検索をかければすぐに分かるので述べませんが、個人的にはこれだけのために危険を冒してわざわざ導入する必要はないように思います

こんにちは、マジック143点灯さん。

その導入方法を調べたところですが、私のやってる方法ではすぐに導入できないため、ちょっと待つことになります。すでにbash on Windowsが入ってるので、すぐに導入しなきゃいけない訳でもないので、気長に待ちます。

どちらかというと、自宅よりも会社で導入したいんですよね。でも未だWin7なため、導入できず。11月よりダウングレードできなくなるのに、どうするんでしょうかね?と思ってるんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65525672

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10アプリストアに”Ubuntu”登場!:

« キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu” | トップページ | 容量53,600mAhという化け物サイズでACコンセントも備えるモバイルバッテリー”enerpad AC-54K” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ