« ディープラーニングで一般物体検出する手法”YOLO”のTensorFlow版で独自データセットを使えるようにしてみた | トップページ | AMD Radeonの実力は!? »

2017年7月10日 (月)

Interface 2017年8月号は”ディープラーニング特集”

今月号の”Interface”は、みんな大好き(?)ディープラーニングに関する特集記事で満載です。

Img_1589

思わず本屋で見かけるや否や速攻で買いましたが、この雑誌は毎月25日発売。もうちょっと早く気づくべきでしたね。

Img_1604

Img_1590

目次だけでも気になる記事が満載です。

詳しくは雑誌を買っていただくとして、個人的に今月号のInterfaceの注目すべき内容は

・”ディープラーニング”の基礎

・ 画像認識以外の使い方

・ ”Chainer”の導入・使い方

の3点です。

”ディープラーニング”の基礎

Img_1591

まずディープラーニングに関する解説について。

実際の活用事例を紹介したこんなページから

Img_1598

「算数」でわかる簡単なディープラーニングの解説記事が載ってます。

Img_1599

もっとも「これが算数かよ!!」って突っ込みどころ満載な内容ですが、かなりわかりやすく書かれているのは間違いありません。

”ディープラーニング”最大の問題は、中身を理解するためのいい解説書籍・記事が少ないこと、いったい何ができるのかがわかりにくいこと、じゃないでしょうか。

このInterfaceは、その問題に十分こたえてくれる内容かと。

画像認識以外の使い方

Img_1595

ディープラーニングといえば、画像認識が最もメジャーな活用法。私もまさにこれに取り組んでいる真っ最中。

今月号のInterfaceでも、画像認識に関するコードが載せられてます。

なんと「きのこ」「たけのこ」を判別するという、あの紛争をさらに炎上することになりそうな内容。恐ろしい子・・・

そろそろ他のデータ処理方法も知りたいところと思っていたところですが

Img_1594

このInterfaceでは、音声データを教師データにする事例や

Img_1602

言語処理に関する記事まで出ております。もちろん、コード付きで。

いずれ画像以外の処理でも活用したいと思っていたので、これは役立ちますね。

”Chainer”の導入・使い方

Img_1596

今月号のInterfaceは”Chainer”を勧めてます。

日本発のこのディープラーニング用プラットフォーム、確かに日本国内では活用事例が豊富です。

ただ、Windows PCで使うにはインストール方法が煩雑そうでなかなか手が出せなかったんですが。

Img_1597

Windowsへのインストール方法も載ってますね、この記事。VirtualBoxを使うようです。

これからのAI技術として脚光を浴びているディープラーニングについてもっと勉強したい方や、会社で上司から「AIで何か作れ!」などと理不尽な要求をされているシステムエンジニアな方にはお勧めです。25日までしか売ってないので、早めの購入をお勧めします。

それにしても、Interfaceのディープラーニング系の記事はだんだんとレベル上がってきてますね。この分野に明るい編集者がいるんでしょうか?一方で日○Linux等は最近あまり進んでない様子。個人的にはInterfaceに注目してます。

Interface(インターフェース) 2017年 08 月号

« ディープラーニングで一般物体検出する手法”YOLO”のTensorFlow版で独自データセットを使えるようにしてみた | トップページ | AMD Radeonの実力は!? »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

数値解析系」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65513318

この記事へのトラックバック一覧です: Interface 2017年8月号は”ディープラーニング特集”:

« ディープラーニングで一般物体検出する手法”YOLO”のTensorFlow版で独自データセットを使えるようにしてみた | トップページ | AMD Radeonの実力は!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ