« Interface 2017年8月号は”ディープラーニング特集” | トップページ | キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu” »

2017年7月11日 (火)

AMD Radeonの実力は!?

最近アキバなどの電気街で、AMDのRadeon RX580/570あたりが売り切れ続出、その余波でGeForce GTX1060まで売り切れるという事態になっているようです。

数枚挿しじゃないと動かないゲームが出たわけでもなく、まさか急にディープラーニングが流行ったわけではなし、何故こんなに急にグラボが大人気になるのか?と思ったら、要するに”マイニング”需要だそうです。

マイニングで人気のRadeon RX 580に防塵ファン搭載のOCモデル、ASUS製 - AKIBA PC Hotline!

とくにRadeon RX580はコスパ最強なようで、百枚単位で購入されてるという話も。

ディープラーニングではNVIDIA製GPUがほぼ一強ですが、マイニングではいったいどれくらいすごいんでしょうか?Radeon。

そのRadeonの実力を垣間見る記事を発見。

仮想通貨 のマイニングにはRadeonがオススメ? GeForce GTX 1070とRadeon R9 390Xを比べてみた | しょぼんブログ

NVIDIA最新コアのGeForce GTX1070と、実質4世代前となるRadeon R9 390Xとを比較してますが、この両者、Bytecoinという仮想通貨のマイニングに関してはほぼ同性能だそうで。

ということは、最新版のRadeonだったらもっとすごいってことに。

RX 580は3万円台半ばらしいので、確かに安いですよね。GeForceならGTX 1060とほぼ同じ価格。

てことはこれを使ってディープラーニングをすれば・・・などと思うところですが、残念ながらいろんなディープラーニング用プラットフォームがRadeon対応したという話は聞きませんね。得手不得手があるようです。

それにしても、世の中ディープラーニングが大流行りですが、さすがに秋葉原のボード買い占めにつながるほどのブームとはいかず。なんだかちょっぴり、寂しいというか、なんというか。

HIS AMD RADEON RX580搭載ビデオカード HS-580R8LCBR オーバークロックモデル

« Interface 2017年8月号は”ディープラーニング特集” | トップページ | キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu” »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

マイニングでRadeon RX580が選ばれる最大の理由は、電力効率だそうです
24時間連続でフル稼働させる必要から、電気使用料の削減は絶対条件のようです
極端な話、例えRadeon RX580が1000ドル以上で売られていても、選ばれるだろうと言われています(すでに、発売当初に比べて大幅に値上がりしているのにかかわらず、これだけ売れまくっているのが証左だと思います)

こんにちは、マジック143点灯さん。

要するに計算量あたりの電力が低いってことですよね。補助電力なしのモデルでもかなりマイニングに関してはいいスコア出せるようですし、かなりいいんでしょうね。

ただディープラーニングに関してはNVIDIA一択の状態で、選択肢が限られるのが残念です。ここにRadeonも入り込めれば価格競争も進んでいい感じなんでしょうが…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65489027

この記事へのトラックバック一覧です: AMD Radeonの実力は!?:

« Interface 2017年8月号は”ディープラーニング特集” | トップページ | キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ