« 7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”レビュー記事 | トップページ | いまいちメリットが見いだせない首掛け式ヘッドフォン型扇風機 »

2017年6月24日 (土)

”ラズパイで初めての電子工作”買ってみた

Raspberry Piや電子工作に興味はあるものの、Linuxやプログラム言語、電子回路にしり込みして手が出せないという方は多いと思います。特に電子回路、私も最初はさっぱりでした。

そんな人のためにいろいろな本が出てますが、日経BPが出したこの”ラズパイで初めての電子工作”はなかなかいい本じゃないかと思います。

Img_1270

私も、思わず買ってきました。買った理由は後述。

通常、この手の本は分厚いかA4ファイルサイズくらいのムックが多いですけど、この本は薄いB5サイズの扱いやすい書籍。

これくらいなら読んでみようかと思う方は多いかもしれません。

Img_1262

目次です。初心者向けプログラミング&電子工作の書籍としてはほぼ定番の構成。

Img_1264

Raspberry Piの解説ページです。

この書籍、小さくて薄いわりに文字が大きいです。

Img_1265

プログラム言語の主軸はこのScratch。

Pythonもありますが、ほとんどこのScratchでの記述されてます。

子供から大人まで使いやすい言語なので、最初はこれから始めるといいかもしれませんね。

Img_1266

で、私がこの書籍を買った理由はこれ。

なんと、マイクラをScratchで動かしてます。

ブロックをあるパターンで複数個配置するというプログラムですが、子供がマイクラにはまっているだけに、ちょっと気になります。

PC版マイクラでも似たような仕組みはありますが、子供自身にやらせてみると面白いかなぁと思った次第。まあ、うちの子がやれるかどうかは未知数ですけど・・・

Img_1267

他にも温度センサーと連動して動作する扇風機や

Img_1269

人感センサーに反応してScratchのあの猫のキャラが反応するという仕組みまであります。

初心者向けにしては、いろいろできますね。

さすがにScratchではディープラーニングはできないため、画像認識で動くロボットとかは作れそうにありませんが、Scratchと電子工作だけでも結構いろいろやれることがわかります。

子供の夏休みの自由研究ネタによろしいのではないかと。もっとも、こんなコンピュータボードを学校に持ち込んでいいものかはわかりませんけど。

ラズパイで初めての電子工作 (日経BPパソコンベストムック)

« 7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”レビュー記事 | トップページ | いまいちメリットが見いだせない首掛け式ヘッドフォン型扇風機 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65427255

この記事へのトラックバック一覧です: ”ラズパイで初めての電子工作”買ってみた:

« 7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”レビュー記事 | トップページ | いまいちメリットが見いだせない首掛け式ヘッドフォン型扇風機 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ