« ドコモ光を一週間ほど使ってみて | トップページ | 7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”レビュー記事 »

2017年6月23日 (金)

AMDのZenコアを使ったサーバー版CPU”EPYC 7000”は32コアで22コアXeonの47%増し!?

ついに出ちまいましたね、AMD Ryzenのサーバー版。”EPYC”(エピック)と呼ばれるようです。

Intelの22コアXeonを47%も上回る高性能32コアモデル&16コアで7万円強からという激安モデルなどサーバー向け「EPYC 7000」シリーズをAMDが正式に発表 - GIGAZINE

発表されたEPYCの概要ですが、最上位である”EPYC 7601”は32コア/64スレッドで、Xeonの現状の最上位版である”Xeon 2699A V4”(22コア/44スレッド)に対し47%も高速(整数演算)とのこと。浮動小数点なら75%高速という、ちょっと信じがたい速度。

なお、最上位のEPYC 7601の価格が4000ドル(約45万円)。Xeon 2699A V4が4115ドルといわれているので、ほぼ同額でこの性能。最も安い16コアのEPYC 7281に至っては650ドルとほぼコンシューマ向け並みです。

AMDが久々の反撃に出ましたね。しばらくはIntelは苦しい戦いを強いらせそうです。PC向けでもこんな話が出ているくらいですし。

これでHPCの価格が下がってくれると、設備担当の私としてはありがたい限りですね。最近はIntelのCPUは高値安定が続いていたため、サーバー/ワークステーションの価格が高くていろいろと苦労してるんです・・・どうせなら、業務でもAMD製のを導入してみたいですね。Intelコンパイラの効果が出ないなどの不利さはあるものの、どんなものなんでしょうね?気にはなります。

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4

« ドコモ光を一週間ほど使ってみて | トップページ | 7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”レビュー記事 »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65444372

この記事へのトラックバック一覧です: AMDのZenコアを使ったサーバー版CPU”EPYC 7000”は32コアで22コアXeonの47%増し!?:

« ドコモ光を一週間ほど使ってみて | トップページ | 7インチの小型ノートPC”GPD Pocket”レビュー記事 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ