« Bluetooth体重計+Raspberry Piで毎日の体重を自動でGoogle Fitに記録させる方法 | トップページ | ”魔女の宅急便”のその後・・・ »

2017年6月22日 (木)

未発売の10コアのCorei9-7900XとRyzen 7 1800Xとの対決

ベンチマークテストの結果というものでコンピュータの性能を語りたくはないというのが私の主義主張ですが、今回の比較はこの先出てくるであろうCorei9の素性を垣間見ることができるため、ちょっと紹介します。

10コア20スレッド対応のSkylake-X「Core i9-7900X」性能速報 - 4Gamer.net

4Gamer.netでは評価版のCorei9-7900Xを入手、複数のベンチマークテストアプリでAMDの現状の最速CPUであるRyzen 7 1800Xとの比較を行っております。

10コアのi9-7900Xと8コアのRyzen 7 1800X、コア数で2割ほど多いi9-7900Xなだけに、性能も10~20%ほど高めという結果が出ております。評価版とはいえ、なかなか検討してますね。

が、問題は消費電力。

Ryzen 7 1800Xに対し、Corei9-7900Xの方はテストによっては倍近い消費電力となっています。

おかげで、ネット上ではPentium Dの再来だとか、爆熱だのグリスバーガーだのと揶揄されております。

Ryzenに対し優位に立つため、あえて消費電力を犠牲にしたCPUとなっている可能性がありますね。

もっとも、これはまだ市販品ではなく評価版。製品では改善されるものと思われますが、確かにPentium Dのころの再来になるんじゃないかと心配になりますね。

ややIntelの置かれた立場お思えば気の毒な気もしますが、当然ライバルはこういう手を打ってくるものと開発するべきだったのかもしれません。

さて、来年くらいには私もそろそろメインPCを新調したいところ。どっちにしましょうねぇ?

ASRock AMD X370チップセット搭載 ATXマザーボード X370 Gaming K4

« Bluetooth体重計+Raspberry Piで毎日の体重を自動でGoogle Fitに記録させる方法 | トップページ | ”魔女の宅急便”のその後・・・ »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65440341

この記事へのトラックバック一覧です: 未発売の10コアのCorei9-7900XとRyzen 7 1800Xとの対決:

« Bluetooth体重計+Raspberry Piで毎日の体重を自動でGoogle Fitに記録させる方法 | トップページ | ”魔女の宅急便”のその後・・・ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ