« 壁の中を透視できるスマホ用ガジェット”Walabot” | トップページ | 自動で草刈りをしてくれるロボット草刈り機”Tertill” »

2017年6月28日 (水)

ミニスーパーファミコン 10月5日に発売決定!

ミニファミコンが突然生産中止になったので、多分こうなるだろうといわれていた事態が発生いたしました。

手のひらサイズのスーファミ「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発表、日本では10月5日発売 - GIGAZINE

”ミニスーパーファミコン”が発売されることが発表されました。

正式名称は”ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”。海外では9月29日発売で80ドル、日本では10月5日発売で7,980円。

日本・欧州では上のようなデザイン、アメリカではSNESデザインで復刻されます。

なお、プリインストールされるゲームは以下の21種類(日本仕様)。

・スーパーマリオワールド
・F-ZERO
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
・超魔界村
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
・スーパーフォーメーションサッカー
・魂斗羅スピリッツ
・スーパーマリオカート
・スターフォックス
・聖剣伝説2
・ロックマンX
・ファイアーエムブレム 紋章の謎
・スーパーメトロイド
・ファイナルファンタジーVI
・スーパーストリートファイターII
・スーパードンキーコング
・スーパーマリオ ヨッシーアイランド
・パネルでポン
・スーパーマリオRPG
・星のカービィ スーパーデラックス
・スターフォックス2

なんと未発売のスターフォックス2が含まれています。

私もスターフォックスをやりこみましたが、2が出る出るといわれててずっと待ってたのに出ることなくすっかり忘れ去っておりました。ここにきて発売されるとは驚きです。

なお、コントローラーは標準サイズなため、ミニファミコンと比べると使い勝手は向上。確かに、あのボタンをミニサイズで使う気にはなれませんね。正しい判断です。

個人的にはスターフィックスとゼルダが含まれているのがいいですよね。特にゼルダ、当時はやりこみました。

が、シムシティ、シムアースはなし。この2つのゲームも私にとってはぜひやりたかったゲーム。残念です。

といっても、アクションゲームをやる年齢ではないし、買うかどうかは微妙。

せめて子供らがやるなら買ってみてもいいんですが、うちの子供らはあまりこの手のアクション系のゲームはやりませんね。マイクラ、Angry Birdsあたりがせいぜいです。

でもきっとまた売れるんでしょうね。今度こそ安定供給されることを願います。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

« 壁の中を透視できるスマホ用ガジェット”Walabot” | トップページ | 自動で草刈りをしてくれるロボット草刈り機”Tertill” »

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65465346

この記事へのトラックバック一覧です: ミニスーパーファミコン 10月5日に発売決定!:

« 壁の中を透視できるスマホ用ガジェット”Walabot” | トップページ | 自動で草刈りをしてくれるロボット草刈り機”Tertill” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ