« 2.45インチの超小型スマホ”Jelly” | トップページ | テスラコイルで奏でる”セルリアン テーマ” »

2017年5月15日 (月)

HPC 夏・秋キャンペーンちらし!今回のキーワードはやはり”ディープラーニング”

年に3回ほどのSCSKキャンペーンちらし。夏を前にやってまいりました。

Scsk170503

今年のトレンドはやはり”ディープラーニング”。NVIDIA製GPU搭載のHPCが紹介されてます。

そして、隠れキーワードとして”AMD”も登場。

Scsk170501

とはいえ、まだワークステーション/HPC向けのAMD CPU”Naples”は発表前。同時期に発表予定のIntelの次世代コア”Skylake”と合わせて後日情報を送ってくれるとのことです。

AMDの新コアにIntelがどういう攻勢をかけてくるかが楽しみですよね。システム提案側としては、なによりも安くなってほしい・・・

Scsk170504

まずはワークステーションから。

最大22コア×2=44コア88スレッド、メモリは最大1TBまで搭載可能なHPのZ840というワークステーション。

64GBでこのお値段です。

その下に書かれてますが、Windows 7へのダウングレードが今年の10月で終了。それ以降は7をインストールすることが不可能になるそうで。

実はCAE界隈ではまだWindows 10がだめなところがあって、未だにWindows 7へのダウングレードが必要な環境が多いんです。てことで、今年の10月までにソフトウェアベンダーさんは10に対応しなきゃいけないはずですけど、間に合うんでしょうかね・・・

Scsk170502

さてこちらが最近力を入れているディープラーニング用マシン。

Tesla P100 16GB(GPUコア数3584)を一基搭載。これでお値段約300万円。

スターターキットといいますけど、結構な計算能力。

Scsk170505

これにNVIDIA CUDA Toolkit、cuDNNをプリインストールし、TensorFlowをつけてこのお値段だそうです。

Scsk170506

GPUボードはこの3年で60倍もの高速化。まだまだ伸びしろがあるようです。

NVIDIAもうまくこのディープラーニングブームに乗れたものです。果たしてIntelなど他社の入り込む余地はあるんでしょうか?

昨年まではCPUのコア数くらいしか見るべきところがありませんでしたが、今年はAMDのRyzenのHPC版とGPUが盛り上げてくれてます。再び科学技術計算の世界があわただしくなりそうですね。

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050Ti搭載 GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF

« 2.45インチの超小型スマホ”Jelly” | トップページ | テスラコイルで奏でる”セルリアン テーマ” »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65270696

この記事へのトラックバック一覧です: HPC 夏・秋キャンペーンちらし!今回のキーワードはやはり”ディープラーニング”:

« 2.45インチの超小型スマホ”Jelly” | トップページ | テスラコイルで奏でる”セルリアン テーマ” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ