« テレビに夢中な子供を制止できる電子工作”全自動こどもTVあきらめるマシーン” | トップページ | iPhoneをPCのWebカメラにしてくれるアプリ”iVCam” »

2017年5月19日 (金)

折りたたみBluetoothキーボード買ってみた

今年は出張が増えそうなので、思い切ってモバイル機器用の折りたたみ式Bluetoothキーボードを買ってきました。

Img_2848

出張で名古屋に行く用事があったので、駅前に新しくできたばかりのビルに入ったビックカメラで買いました。

Bluetoothキーボードにもいろいろあったんですが、キーストロークや利便性など散々試した結果選んだのがこのELECOM製のTK-FLP01というキーボード。価格は4800円ほど。

Img_2849

中身はこれだけ。本体とUSBケーブル、そして取説。

取説が雑に押し込まれてました・・・おかげで、最初からこのくしゃけ具合で。

Img_2850

キーボード自体もこのとおりケースに入ってます。

Img_2865

このケース自体がスマホ&タブレット用スタンドになるという代物ですが、奥行きがありすぎて少々不便。おまけに不安定。

百均で買ってきたスタンドを使うことにします。

Img_2851

さて、キーボード本体ですが

Img_2853

折りたたんだ状態ではiPhone 7 Plusとほぼ同じくらいの大きさ。

Img_2854

広げるとこう。

キーの感触はまずまず。ちょっと折り目部分のキーが若干押しづらいのが難点。

Img_2855

最大3台まで登録可能で、この通り切り替えスイッチ付き。

Windows/AndroidモードとiOSモードがあり、切り替えスイッチ以外にこちらも端末に合わせて押す必要があります。

Img_2856

ペアリングはFnキー+Tabを3秒押すことでできます。

この間に各端末側でペアリングを実施。

Img_2857

まずはiPhone 7 Plusに接続。

まあまあの感触。ソフトキーボードよりは明らかに早いですね。

この手のキーボードは剛性感がなくてキーの反応が悪いことが多いんですが、これは許容範囲なレベル。まあ、何台か展示機で試し打ちして選びましたからね。

Img_2862

強いて不満を上げるなら、Enterキーが横長なので押しにくいこと。よく使うキーだけに、ちょっとこれは慣れが必要。小さいキーボードにありがちな欠点ですね。

Img_2859

続いて、Gole1とペアリングを実施。

もちろんBluetoothキーボードなので、Windows機にも使えますが。

Img_2858

実はこのキーボード、こんなところにタッチパッドがついてるんです。

これがこのキーボードを買う決め手の一つでした。

これならGole1でも使えます。

Img_2861

なお、右ボタンはこれ。左ボタンはタッチパネルのタップ操作で行います。

Img_2860

小さいパッドですが、案外使い勝手は悪くありません。

Gole1のタッチパネルを使うよりははるかにましです。

Img_2864

早速Gole1でTensorFlowを使ってみました。

Anacondaのキー入力でも問題なく使えました。

Img_2863

キーボード用電源は内蔵バッテリーで、microUSBで充電します。

が、充電ランプがキーボードのここについているため、充電中はキーボードを開けっぱなしにしてないと充電完了かどうかがわかりません。ちょっと不便ですね。

今まではこの手のキーボードが必要という場面がさほどなかったんですが、今年は活躍しそうです。

エレコム ワイヤレスキーボード Bluetooth 折りたたみ マルチペアリング ブラック TK-FLP01BK

« テレビに夢中な子供を制止できる電子工作”全自動こどもTVあきらめるマシーン” | トップページ | iPhoneをPCのWebカメラにしてくれるアプリ”iVCam” »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65270625

この記事へのトラックバック一覧です: 折りたたみBluetoothキーボード買ってみた:

« テレビに夢中な子供を制止できる電子工作”全自動こどもTVあきらめるマシーン” | トップページ | iPhoneをPCのWebカメラにしてくれるアプリ”iVCam” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ