« OpenCVでLBP特徴を使った”物体検出器”を作成してみた | トップページ | Raspberry Pi互換のAtomプロセッサボード”UP board” »

2017年4月15日 (土)

ごみの種類をTensorFlowのAIで判別してくれるRaspberry Piごみ分別器

実はひそかに作ってみたいと思っていたものが、既に作られてしまいました・・・

「Raspberry Piのごみ分別器」です。

ごみをのせるとAIが自動識別して分別してくれるRaspberry Pi搭載の自作リサイクルロボット「Recycle AI」 - GIGAZINE

TensorFlowとRaspberry Piを組み合わせて作られてます。

リサイクルごみ、埋め立てごみ、堆肥ごみの3タイプに分類可能。

バナナの皮のような生もの系は堆肥ごみ、金属などは埋め立てごみのようですね。わりと無茶なものを入れても、うまく分別してくれてるようです。

日本だと、燃えるゴミ、紙、プラスチック、ペットボトル、缶、瓶、その他燃えないゴミ・・・とまあ結構細かい。

ごみなら日頃からたくさん出てくるし、ごみの画像を1~2か月くらい収集し続ければ結構な教師データができそう。実用的なディープラーニング活用電子工作としてはいい題材ですよね。

Adafruit 16チャンネル PWM/サーボ HAT for Raspberry Pi

« OpenCVでLBP特徴を使った”物体検出器”を作成してみた | トップページ | Raspberry Pi互換のAtomプロセッサボード”UP board” »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65137681

この記事へのトラックバック一覧です: ごみの種類をTensorFlowのAIで判別してくれるRaspberry Piごみ分別器:

« OpenCVでLBP特徴を使った”物体検出器”を作成してみた | トップページ | Raspberry Pi互換のAtomプロセッサボード”UP board” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ