« けもフレMMD動画 | トップページ | iOS 10.3からファイルシステム変更されてます »

2017年4月 8日 (土)

「天空の城 ラピュタ」のロボット兵がフル可動モデルで登場

なかなかラピュタも人気が衰えませんねぇ。私が中学3年の頃に作られたアニメですが、未だに愛されてますね。

ラピュタのシーンを完全再現できるロボット兵のフル可動モデル登場 - 週刊アスキー

もう30年以上前のアニメながら未だにこういうものが作られるというのも、それだけ愛されているアニメだということの表れでしょうか。

ラピュタに出てくるあのロボット兵のフル可動版の予約を受け付け中だそうです。10月に発送予定で、お値段7,560円。

以下のサイトで予約可能です。

想造ガレリア ロボット兵(Full Action Ver.) | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト

上の画像を見ればわかる通り、かなり自由なポーズを作ることができるみたいです。

この画像は、気絶したシータを抱えてビーム兵器を撃ちまくっているシーンの再現ですね。

稼働箇所は57か所以上。

映画では敵になり、味方になり、世話役になったりといろいろと忙しい立ち位置のロボットでしたけど、ほかのアニメにはない独特の姿が印象的でした。

このロボット、人によっては「ルパン三世」に出てくる「ラムダ」をイメージする人もいるかもしれませんね。こっちは1980年に放送されており、どちらかというとラムダの方がオリジナル。

ちなみにこのラムダを操る人がまたナウシカに微妙にそっくり(声優さんは同じ島本須美さん)で、このラムダの登場するルパン三世の話では宮崎駿監督が脚本、演出、絵コンテを担当していたそうで。

ラピュタのロボット兵はラムダという名でルパン三世にも登場していた? | 日本映画topic

このロボット兵、ちょっと欲しいですが、子供に見つかるとぶっ壊されるまで遊ばれそう。隠す場所もあまりないので、私はとりあえずいいかな。

ラピュタが放送されるたびに”バルス”ツイートが欠かせないという方なら、ぜひ一つそばにおいておきたいグッズですね。

(天空の城ラピュタ)光る飛行石光のちから 音声認識バルスモード搭載

« けもフレMMD動画 | トップページ | iOS 10.3からファイルシステム変更されてます »

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65120351

この記事へのトラックバック一覧です: 「天空の城 ラピュタ」のロボット兵がフル可動モデルで登場:

« けもフレMMD動画 | トップページ | iOS 10.3からファイルシステム変更されてます »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ