« iOS10.3でiPhone標準マップに3D Touchでその位置の天気情報を呼び出す新機能が追加 | トップページ | 「けものフレンズ」風ロゴジェネレータのサイト »

2017年4月14日 (金)

レゴで作られたMacintosh Classic風Raspberry Pi Zero Wケース

Macintosh Classicなんていってもわからない人の方が多いかもしれませんが。

オールドMacファンがまたなにやら気になるものを作ったようです。

ラズベリーパイの調理法 レゴ マッキントッシュ クラシック by Pi Zero

レゴで製作されたMacintosh Classic風の小型ガジェットです。

中身はRaspberry Pi Zero Wで、ディスプレイにはE-Paperを使用。

作り方はこのサイトに書かれてますが。

LEGO Macintosh classic with Wi-Fi and e‑paper display running docker

どうやら、Macのエミュレータが動いているわけではなく、オールドMacっぽいものを画面に出しているだけのようです。操作しようにも、キーボードやマウスがないですし。

で、こちらが1990年に発売されたMacintosh Classic。

1986年に出たMacintosh Plusとほぼ同じ性能に据え置くことで低価格化を実現した機種で、今でいうとiPhone SEのような位置づけのシリーズでしょうか。

私はこの後継のColor Classic持ってましたが、手放したのがもったいないデザインでしたね。もっとも、代わりに今でもMacintosh Plusを所有してますが。

ブラウン管の白黒モニターという今じゃ考えられないブツをまとった一体型Mac。でも不思議と今でも惹かれる人が多いんですよね、このデザイン。

いっそApple Watchのように一体型Mac風Raspberry Pi Zeroケースなんて出ないんでしょうか?液晶付きで。他力本願ではだめですかねぇ。

Pibow Zero パイボー ゼロ - Case for Raspberry Pi Zero V1.3

« iOS10.3でiPhone標準マップに3D Touchでその位置の天気情報を呼び出す新機能が追加 | トップページ | 「けものフレンズ」風ロゴジェネレータのサイト »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

壊れた一体型Macの中身を取り出して、
iPhoneやiPadのケースにしてしまえば
いいのではないかと。無駄な奥行きは
無視の方向で(w

こんにちは、mokekyoさん。

そういう人が以前いました。Mac PlusだかClassicだかをくり抜いてiPad入れてましたね。画面サイズがぴったりだそうで。

その後ペーパークラフトなiPadケースが出てたはずですが、今はどうなったのやら…

当時アメリカでは、Classicという名称からCokeのClassicを連想する人が多かった、なんて話があったように記憶しています
この頃、味がリニューアルされたコカ・コーラに賛否両論巻き起こり、仕方なくコカ・コーラ社が従来の味を復活追加して、その商品につけたサブネームがClassicだったんですよね

Classic発売当時のアップルは生産計画がずさんで(確か、シンガポール工場製だったはずですが)日本での入手性が非常に悪かったんですよね
キャノン販売で売られていた頃はそうでもなかったのですが、私がこれの後継機種であるClassicⅡを通販ショップの(当時、安売りで名を馳せていた、今はなき)STEPで予約購入しようとした際も、90日経っても出荷のめどが立たず結局キャンセルとなり、その後オープン直後のSTEP大阪日本橋店で、平べったい形状からピザボックスとも呼ばれたLCⅡ(漢字Talk 6.0.7付属で、漢字Talk 7無償アップグレードクーポン付き!)を購入するハメとなりました
要するに、需要予測がまるでできていなかったんですね

SEをSE/30仕様に改造したり、Classic、Plusといったモデルを中古で買い漁った時期もあったり(今でも、あの長ーいマックオープナーを持っています)で、コンパクトMacにはそれなりに思い入れがあったのですが、Performa、初代iMacを2台ほど経てから、なんとなく興味は失せてしまいました

レゴランドもGWが、まず最初の勝負ですね
いまや世界的にもトップクラスの集客数を誇る大阪のUSJも、振り返れば橋下府知事の3セク時代は苦戦続き、森岡さんという傑物により”リボーン”されるまではお荷物扱いだったわけで、そう考えればまだまだこれから巻き返せるように思います


こんにちは、マジック143点灯さん。

レゴランドについてはいろいろ言われてますけど、実際はどうなんでしょうかね?まあ、うちの兄弟はそれなりにレゴ好きなので、多少しょぼくても楽しめる部分はあるかと。

私はColor ClassicとPlus以外の一体型Macはついに買うこともなく、気が付けばiPhoneは買ってもMacは買わずじまい。一時iPhoneアプリを作りたいなあと思って買おうとも考えましたが、今となってはもう無しでいいかなと。

それにしてもClassicのころはそんなにだめだめだったんですね。私は大学生協でよく見かけていたので(ちょうどPerformaが出たあたりのころ)、てっきり簡単に入手できるものだと感じてました。そういえば、PowerBook 145Bが欲しかった時もありましたねぇ。

このころのMacが個人的には一番好きでしたね。今のも悪くはないんですが、環境的にはいっそiPhone/iPadか、いっそデスクトップPCかの2択になってしまい、Macが入り込む余地がなくなってしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65128246

この記事へのトラックバック一覧です: レゴで作られたMacintosh Classic風Raspberry Pi Zero Wケース:

« iOS10.3でiPhone標準マップに3D Touchでその位置の天気情報を呼び出す新機能が追加 | トップページ | 「けものフレンズ」風ロゴジェネレータのサイト »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ