« 大きさ10×2m 重さ500kgの16ビットプロセッサ | トップページ | けもフレMMD動画 »

2017年4月 7日 (金)

Intel Edisonで作るマッチ箱サイズのLinuxマシン

IntelのEdisonっていう超小型コンピュータボード、ありましたね。存在をすっかり忘れてました。

こんなことに使われているようです。

マッチ箱大のサイズのLinuxマシンをIntel Edisonで作る - GIGAZINE

Edisonをベースに、表示装置を含めてマッチ箱サイズに収めた超小型のLinuxマシンです。

正直、表示装置とスイッチ類は無理やり収めた感はありますが、確かに小型で単独動作のLinuxマシンになってます。

小型というだけなら、以前”VoCore”っていうSDカードよりも小さい面積のLinuxマシンというのがありました(いや今でもあります)。

が、Edisonのすごいところは、この大きさでRaspberry Piの倍以上の性能を持っており、小さいわりに高性能なIoT機器を作れるところが売り。

EdisonはAtom デュアルコアプロセッサにメモリ1GB、4GBストレージを搭載。初代EeePC並みのスペックですね。

しかしこれだけ高性能でありながら、正直あまり話題になっていないのはなんででしょうね?もっとも、単に私がキャッチしていないだけってこともあり得ますが、Raspberry Piに比べるといまいち盛り上がっている様子がありません。

やはり、あまりお手軽とはいいがたいのが難点なのかもしれませんね。単体では使えないので、開発用のや電子機器接続用の基板をつけないといけません。

個人的には、Raspberry Piサイズでいいから単体で使いまわししやすいハードを作ってくれるとありがたいんですけどね。それなら一つ買ってみようかなって思いますよね。多分。

Intel Edison Breakout Board Kit Edison本体 Breakout基板

VoCore2 Ultimate - Linux SBC with WiFi and Dock

« 大きさ10×2m 重さ500kgの16ビットプロセッサ | トップページ | けもフレMMD動画 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/65099731

この記事へのトラックバック一覧です: Intel Edisonで作るマッチ箱サイズのLinuxマシン:

« 大きさ10×2m 重さ500kgの16ビットプロセッサ | トップページ | けもフレMMD動画 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ