« Ryzen登場でIntel CPUが値下げ!? | トップページ | GPIO端子をすべてふさがないRaspberry Pi用タッチパネル液晶 »

2017年3月 4日 (土)

Microsoft Lumia 535にWindows 10 Mobile向けマインクラフト PE入れてみた

700円かかっちゃいましたが、せっかくLumia 535にWindows 10 Mobile入れてるのに活かさない手はないかと思い、入れてみました。

Img_0719

起動がちょっと遅い感じですが、安い&古いハードなので、そのあたりは我慢。

Img_0711

ですが、この「地形を作成中」はいくらなんでも長すぎ。1分以上待たされて画面がスリープされちゃいます。

Img_0712

が、一旦ゲームがはじまればスムーズに動作。

操作性もiPhone版マインクラフト PEと変わりません。

Img_0713

画面のスクロールもスムーズ。これなら使える!

Img_0714

・・・と思いきや、画面の端の反応性が悪い。

これはマイクラというより、Lumia 535の問題でしょうが。

時々タッチパネルが誤動作し、押していないところが押されたり、反応してほしいところが反応しなかったり、やや不安定です。

Img_0715

画面を磨きなおすと多少ましになりました。

Img_0717

クリーパーや洞窟クモなどを作りまくってみましたが

Img_0718

特に速度は落ちませんね。スムーズに動きます。

子供らにも貸してみましたが、まあまあそれなりに使っていました。

画面も大きいし、このまま使ってくれれば・・・と思ってたんですが、やっぱりタッチパネルの反応が悪いせいか、30分で飽きられました。

最近Freetelやドスパラが出したやつなら、もうちょっとましな操作ができるかもしれません。

Windows 10 Mobile端末の使い道がなくて困っている方、マイクラマシーンに変えるというのはいかがでしょうか?700円でそれなりに遊べる世界が手に入ります。

はじめてでも必ずデキる! マインクラフト Pocket Editonかんぺきガイド

« Ryzen登場でIntel CPUが値下げ!? | トップページ | GPIO端子をすべてふさがないRaspberry Pi用タッチパネル液晶 »

Windows Phone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64940323

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Lumia 535にWindows 10 Mobile向けマインクラフト PE入れてみた:

« Ryzen登場でIntel CPUが値下げ!? | トップページ | GPIO端子をすべてふさがないRaspberry Pi用タッチパネル液晶 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ