« ミニチュアサイズの”Apple IIe” | トップページ | Google Brainが開発した 8×8の画像から元画像を復元する技術 »

2017年2月13日 (月)

”今すぐ試せる人工知能”特集の日経Linux 2017年3月号 購入

最近”人工知能”、”機械学習”というキーワードにめちゃくちゃ反応している気がします。

この日経Linux 2017年3月号購入もそんな理由。

Img_0627

表紙にでかでかと書いてますね、”人工知能”。

付録に”シス管系女子”の冊子までついてました。

Img_0628

お目当てはこれ。”誰でもできる人工知能 30”という特集。

なんだか表紙とちょっと文言が違いますけど、細かいところは気にしません。

Img_0629

こんなようなことができるものを紹介してます。

誰しも気になるものが、5つ6つはあるんじゃないでしょうかね?

Img_0630

まず気になったのはこれ。いわゆる”物体検出”の技術。

TensorFlowで歴代「クラウン」の画像を判別させてみた」でも「TensorFlowで”日本のお城”を識別させてみた」でもそうでしたが、学習データを作るにせよ、画像認識をさせるにせよ、人の手でいちいち画像を切り取らないといけません。

人の顔だと顔検出用の学習データがあって楽に切り取りできるんですが、車やお城の物体検出は自分で作らないといけないのが現状。

それを可能にしてくれるものと、このネタに飛びついたんですが。

読んでみると、NVIDIA製なためか”Kepler”世代以降のGPUコアが必要だとか。

うちのは間違いなく対象外。残念。

Img_0631

ただし、こっちのネタでも物体検出は可能らしいです。

Img_0632

他にも自動運転を仮想体験できたり

Img_0633

過去の好みのアニメから、今期のアニメを推薦してもらったり

Img_0634

JKなAIと会話できたりします。この”りんな”はわりと有名ですね。

Img_0635

深層学習というと敷居が高いのが現状ですが、そんな敷居を下げてくれるものもいくつか紹介されてます。TensorFlowだけじゃないですね。

Img_0636

この”シス管系女子”もなかなか面白い。

Linuxのシステム管理をやってるわけじゃないのでわかりにくいところもありますけど、やりとりがまあまあ面白いです。

人工知能に興味がある方は、一つ買ってみても損はなさそうな内容。できればUbuntuマシンを一つ構えて臨むのがよさそうです。

日経Linux(リナックス)2017年3月号

« ミニチュアサイズの”Apple IIe” | トップページ | Google Brainが開発した 8×8の画像から元画像を復元する技術 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64885097

この記事へのトラックバック一覧です: ”今すぐ試せる人工知能”特集の日経Linux 2017年3月号 購入:

« ミニチュアサイズの”Apple IIe” | トップページ | Google Brainが開発した 8×8の画像から元画像を復元する技術 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ