« 93gの指でつまめて51インチまで投影可能な小型プロジェクター | トップページ | 日本発の深層学習プラットフォーム”DIMo” »

2017年2月28日 (火)

iPhone 5sのバッテリー交換

Battery Doctorで調べると、会社用のiPhone 5sのバッテリーの容量が新品時の7割ほどとなっており、しょっちゅう充電しているような状況となったため、バッテリー交換をすることにしました。

Img_2740

買ったのはこのDIGFORCEのiPhone 5s用バッテリー。

以前iPhone 5をまたまた復活!の際にも購入したメーカーのバッテリー。子供用のiPhone 5や会社の同僚のiPhone 5cがこのDIGFORCE製バッテリーで元気に使われているので、今回もこちらを選択。

Img_2741

iPhone 5の経験で、むしろ”純正”の方が怪しいものが多いため、あえて選択しませんでした。

非純正ですが、PSEマーク付き。

Img_2743

長男がメインPCの机を占領中(マイクラ)のため、子供の机で作業開始。

Img_2744

この辺りのねじ外しは手慣れたものです。

Img_2745

吸盤で液晶パネルを浮き上がらせて、プラスチック製ヘラをかまして開けるところまではiPhone 5あたりと同じですが

Img_2746

ホームボタンからこんなフレキが出てます。

思わず引っ張り上げると、えらいことになります。注意。

Img_2747

金属のコネクタカバーとコネクタを樹脂ヘラではがして外します。

Img_2748

バッテリー君が見えてきました。

Img_2749

バッテリーコネクタをはがすため、金属カバーのねじを取ります。

Img_2750

コネクタをはがし

Img_2751

いよいよバッテリーをはがすんですが・・・

iPhone 5/5cでは透明のタブがバッテリー側面から出てて、こいつを引っ張ればよかったんですが、そんなタブはどこにもなし。

分解工房・iPhone5s/バッテリー交換修理方法

上の記事で調べると、このバッテリーの下側の黒いフィルムを引っ張ると、両面テープが引っ張り出されてバッテリーがはがれる・・・んだそうですけど。

その両面テープがいともあっさりと切れちゃいました。

もう、無理やりはがすしかないようです。

Img_2752

ちょっとやそっとでははがれそうにないため

Img_2753

念のため、ディスプレイを取っておくことにしました。勢いあまってフレキを切ってしまっては元も子もありません。

で、ここから先は筆舌に尽くしがたいほど大変な作業になりまして。

ちょっとづつちょっとづつ金属ヘラをバッテリーの隙間に突っ込んでははがし・・・という作業を地道に続けた結果

Img_2754

やっとはがれました。。。

おかげで電池がちょっと変形しちゃったんですけど・・・ほんと大変でした、この作業。

Img_2755

で、新しい電池を取り付けて先ほどとは逆の作業を行いますが

Img_2756

ここのフレキがめちゃくちゃはめ辛い!

なんとかピンセットなどを駆使してようやくはめました。

Img_2757

その上の金属カバーもはめましたが、なんだかちゃんとはまっている感じがしない・・・

Img_2758

液晶を閉じてネジ留めし、電源オン!

Img_2759

ちゃんと起動しました。問題なく動作します。

Img_2760

BATTERY Doctorで確認すると、100%になりました。

完全復活です。

とりあえず一日使ってみましたが、確かにいつもよりバッテリーの持ちはいいです。

とはいえ、この手のバッテリーって初期不良の恐れもあるので、しばらくは様子見が必要。まあ一週間たって膨らんだり、電圧が落ちて再起動したりしなければ大丈夫でしょうが。

それにしても、最近ポケモンGOをやってたせいでしょうか、ほぼ同じ時期に買ったiPhone 5cより5sの方が先にバッテリーが寿命を迎えてしまいました。

ポケモンGOもほどほどにした方がよさそうです。

DIGIFORCE 交換用PSEバッテリー iPhone5s用 1560mAh LPB-DIGI5S

« 93gの指でつまめて51インチまで投影可能な小型プロジェクター | トップページ | 日本発の深層学習プラットフォーム”DIMo” »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64923262

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 5sのバッテリー交換:

« 93gの指でつまめて51インチまで投影可能な小型プロジェクター | トップページ | 日本発の深層学習プラットフォーム”DIMo” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ