« X68000?いいえRaspberry Piです | トップページ | Android端末の見た目をWindows 10 Mobile風にする方法 »

2016年12月10日 (土)

TensorFlowがWindowsネイティブに対応

64ビット版Python 3.5でのみ動作するそうですが、Bash on Windowsを入れられないWindows 7でも動作可能となるため(多分)、Linux環境やWindwos 10ではないため今までTensorFlowが使いたくても使えなかった人でもTensorFlowが使えるようになります。

TensorflowがWindowsのネイティブサポートをしたのでインストール - Qiita

インストール方法はリンク先を参照していただくとして、Python 3.5を入手し、場合によってはpipをアップデートし、ようやくTensorFlowインストールとなります。ネイティブとはいえ、あまり簡単とはいいがたいようです。

それでもWindows 7で動くのは魅力的ですね。

私の職場にあるワークステーションは、ソフトの互換性などの理由で未だにWindows 7のまま。ここにTensorFlowを入れたかったんですけど、今まではほぼ不可能。

が、ようやくTensorFlow環境を入れることが可能になりそう。早速、システム部署に相談してみようかなぁと思ってます。

Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう

« X68000?いいえRaspberry Piです | トップページ | Android端末の見た目をWindows 10 Mobile風にする方法 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64582691

この記事へのトラックバック一覧です: TensorFlowがWindowsネイティブに対応:

« X68000?いいえRaspberry Piです | トップページ | Android端末の見た目をWindows 10 Mobile風にする方法 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ