« TensorFlowで競艇の予測をやらせたら・・・ | トップページ | 二次元の”嫁”を召喚・会話ができるガジェット”Gatebox”が300台限定29万円で予約開始 »

2016年12月18日 (日)

アームを直接動かして学習できるロボットアーム”Dobot Arm Entry model”

あまりサンコーらしからぬ(?)商品のように思いますが、ちょっと興味をそそられるロボットアームが発売されてます。

手軽さが売りの学習型ロボットアームがサンコーから登場 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

お値段98,000円、売りは手軽に動作を学習できるという点。

USBでPCに接続、専用ソフトを起動しアームを動かしてやることで、アームの動作を学習させられます。

先端はハンド/吸盤タイプの2種類。

なにか単純作業を黙々とやらせたい作業があるなら、一度学習させられれば強力な相棒となってくれます。

Raspberry Piなどと組み合わせて、例えば書類が挿入されたら感知して印鑑を押してたたんで封筒に入れる、なんて動作までさせられそうです。

活用方法はアイデア次第ですねぇ。何かいい使い道、あったらほしいなぁと思うんですが。

Dobot Arm Entry model DBTRARM3 ※日本語マニュアル付き サンコーレアモノショップ

« TensorFlowで競艇の予測をやらせたら・・・ | トップページ | 二次元の”嫁”を召喚・会話ができるガジェット”Gatebox”が300台限定29万円で予約開始 »

ロボット系」カテゴリの記事

コメント

実際に動かせるのであれば子どもの
勉強に役立ちそうですね。こんなの
学校でも少ないでしょうし。興味があればですが

こんにちは、mokekyoさん。

確かに勉強にはなりそうですね。できればモーションと、それを改変するプログラミングとを組み合わせるとなおベターですが。

いずれは地球連邦軍を圧倒するモビルスーツの開発に日本が成功し、ついに世界は・・・なんて展開、まずなさそうですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64625546

この記事へのトラックバック一覧です: アームを直接動かして学習できるロボットアーム”Dobot Arm Entry model”:

« TensorFlowで競艇の予測をやらせたら・・・ | トップページ | 二次元の”嫁”を召喚・会話ができるガジェット”Gatebox”が300台限定29万円で予約開始 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ