« ポケモンGOとともに名古屋駅周辺へ行ってきました | トップページ | Windows 10のBash on WindowsでTensorFlow動かしてみた »

2016年8月19日 (金)

「若者のキーボード離れ」は世の中の潮流か!?

元記事のタイトルには「若者のパソコン離れ」と書かれてますが、あえて「キーボード離れ」と書かせていただきました。

「若者のパソコン離れ」が示唆する恐ろしい未来|今週もナナメに考えた 鈴木貴博|ダイヤモンド・オンライン

キーボード世代な人がこのタイトルを見れば、今のオフィスにあるPCを使いこなせない若者が今後増えて大変・・・てな内容だろうと思うところですが(私もそうでした)。

が、中身はそれほど単純ではありませんでした。

キーボード派が日本を世界の潮流に乗り切れないきっかけとなりかねない、てな内容です。

あるロボットメーカーのアジアにおけるシェアが低下したらしいですが、その理由が操作系がキーボードのままだったから、なんだそうです。

日本では比較的以前からPCの導入が始まり、中高年世代でもキーボードを使うことに慣れている人が多いです。

が、アジア全体で見れば、むしろ今のスマホのインターフェースの方が当たり前。PCが普及するよりも早くスマホ・タブレットが普及しちゃいました。

ということは、キーボードというインターフェース自体が障害になるのは当たり前の話。でも上の人ほど気づかなかったようですね。

最近新卒で入ってくる人たちはPCよりもスマホの方が慣れている世代。おかげで会社に入って使いにくいキーボードと格闘する羽目になるという人も多いようです。

このあたり「最近の若いもんは・・・」で片づけちゃってる人が多いのが現状。でも新興国といわれる国ほど、むしろキーボードが使えない方が当たり前なんですよね。

若い人ほどキーボードを操作系に使うことには抵抗があるんですが、年寄りには逆らえない、結果シェア低下につながり慌てて改良する羽目になった・・・

まあ、私も老害の部類に入りかかっている世代ですが、私はむしろスマホ・タブレット派なんですよね。

馬鹿高いPCなんていつまでも買ってないで、iPadなりAndroidタブレットなりと社内クラウドでシステムを構築すればいいのにと思ってるんですよね。

確かにExcelのマクロなどは使いづらくなりますけど、40代後半以上になるとそもそもマクロなんて使ってませんし(私のところでマクロを作る・使うのは30代が中心)、シンクライアントでも構築してマクロ環境を維持していった方が結果的に安く済みそう。

・・・なんて話をしても、上の人には通らないんですよね。

だからこの「キーボード派」の話、他人事ではありません。

若い世代に合わせた環境に速やかに移行することが世の中の潮流に最も合致した施策であるように思うんですが、ここ日本では人口的にも文化的にも年上の意見に従わざるを得ない風潮があり、なかなかこういう方向には進みません。

でもなんとなく、危険な感じがするんですよね・・・この先。元記事のロボットメーカーの話は決して多くの日本企業にとって他人事じゃないような気がします。

まあ、私のすることは、少しでも世の中の潮流に乗り遅れないよう上の人から嫌われるようなことをくどくどいうことくらいでしょうか?できれば、上の人たちもこの記事を読んで「井の中の蛙」であることを自覚していただきたいと願うばかりです。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP 日本語配列 墨 USBキーボード 静電容量無接点 Nキーロールオーバー ブラック PD-KB420B

« ポケモンGOとともに名古屋駅周辺へ行ってきました | トップページ | Windows 10のBash on WindowsでTensorFlow動かしてみた »

パソコン系」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

何か話が入り混じってるような記事ですね。
キーボードが使えないと言うより、学生時代に
必要な作業ではパソコンが不要だっただけなのでは
無いかと思います。

動画を見る、ゲームをする、検索するにしても
長文を入力しないとなると、スマホやタブレットは
出力に特化したパソコンでいいんじゃないでしょか。

得手不得手があるようにパソコンにもスマホの
ような入力デバイスがあれば、そちらを使って
あげればいいだけの話のような気もします。


先のシェアを落とした機器についても、オプション
と言うかキーボードとタッチパネルの選択出来る
ようにとか、使い方によって変えるように柔軟に
対応が出来ればよいのかなと思いました。

それが出来なかったのはパソコンが使えない
若手と言うよりも顧客の意見をまったく耳にしない
ダメな大企業って事で潰れて当然だなぁと思いました。

私の印象では、そもそも母国語でのキーボード入力が出来るということ自体が、レアケースだったように思います

日本は黎明期から開発側だったため、国内にも多くの技術者がいて自然と日本語対応のハード、ソフトが当たり前になっていましたが、そうではないアジア諸国でマレー語、ヒンズー語、タガログ語対応のキーボードやソフトが普及していたかというと、私自身現地で目にすることはほとんどありませんでした
日本人の場合、和文タイプ(見たことのある人は少ないかもしれませんが)という変態ハードを発明してまで日本語入力にこだわってきた歴史があるのでピンと来ないのですが、中華圏では携帯電話のショートメール(このころ日本では写メールが当たり前)から始まり、それ以外の言語圏ではスマートフォンのソフトウエアキーボードで初めて母国語対応ソフトに触れたという人が多かったように思います
とはいえ、日本はFAの分野でも古くからタッチパネル操作が多かった(手袋をしていても操作できるといった理由だとしても)わけで、私もちょっと極端な記事かなぁという気もしますが、もっとJETROやJICAがきめ細かく現地のニーズを進出企業に知らせるなどの支援が必要だろうとは思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64069373

この記事へのトラックバック一覧です: 「若者のキーボード離れ」は世の中の潮流か!?:

« ポケモンGOとともに名古屋駅周辺へ行ってきました | トップページ | Windows 10のBash on WindowsでTensorFlow動かしてみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ