« 人工知能ライブラリ”TensorFlow”をRaspberry Pi 3に入れていろいろなものを画像認識させてみた | トップページ | レトロPCメンテナンスには欠かせない5インチFDクリーナー »

2016年8月17日 (水)

心拍数連動型”アホ毛”爆誕!?

アニメを見てるとよく見かける”アホ毛”を、なんとArduinoで作ってしまった奇特な人がいます。

【ドキドキが伝わる】心拍と連動して動くウェアラブル”アホ毛”デバイスを作った | オモコロ

指にはめた心拍センサーに連動し、カチューシャに装備されたアホ毛がうにうに動き始めます。

製作方法はリンク先を参照。

その後動作確認で、心拍数を早めるためいろいろやってますけど・・・何をやったのかはここではちょっと書けませんねぇ。

こういうのをウェアラブルデバイスと呼ぶべきなのか、議論はわかれるところでしょうが、こういう発想は私は好きです。

この”アホ毛”、私は「大家さんは思春期」のチエちゃんのものに見えるんですが、横揺れではなく、回転式にすればより”チエ”ちゃんでしたね。皆様は何を連想されるでしょうか?

[まとめ買い] 大家さんは思春期!(まんがタイムコミックス)

« 人工知能ライブラリ”TensorFlow”をRaspberry Pi 3に入れていろいろなものを画像認識させてみた | トップページ | レトロPCメンテナンスには欠かせない5インチFDクリーナー »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/64071302

この記事へのトラックバック一覧です: 心拍数連動型”アホ毛”爆誕!?:

« 人工知能ライブラリ”TensorFlow”をRaspberry Pi 3に入れていろいろなものを画像認識させてみた | トップページ | レトロPCメンテナンスには欠かせない5インチFDクリーナー »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ