« 10自由度で115ドルという安価な組み立て2足歩行ロボットキット”IronBot” | トップページ | あまり知らないのになぜか懐かしさを覚えるコンピュータメーカー”オズボーン” »

2016年6月 9日 (木)

Siriで”Get Wildつけて!”って叫ぶと Raspberry PiがGet Wild再生できるようにしてみた

やって意味のないことでも、思い立ったらやってみるのが私の信条。

先日Raspberry PiをSiriで操作してみた(Lチカ)やってみたので、ちょっと応用してみました。

あまり応用になってませんが・・・要するに”Get Wildつけて!”ってSiriに話しかけたら、Raspberry Piが”Get Wild”を再生するようにしてみました。

以前流行ったネタのようですが、何か応用できそうな気もしますし、ちょっとやってみようかと。

そんなまわりくどいことせずに普通にSiriで”ミュージック Get Wild!”といえば音楽アプリが起動してGet Wildを再生するんですけどね。

まずは、Raspberry Pi側の準備です。

Img_0698

当たり前ですが、音を出すにはスピーカーはつないでおかないといけませんね。Raspberry Pi 3にスピーカー接続。

音楽再生には”mpg321”ってやつを使います。これをインストール。

sudo apt-get install mpg321

音楽データもRaspberry Piにコピーしておきます。

昔CDからリッピングした”GetWild.np3”というファイルを持ってたので、これをRaspberry PiにログインしたTera Termにドラッグ&ドロップし”SCP”ってやつをクリックするとホームディレクトリにコピーされます。

コマンドライン上で音楽再生テスト。

mpg321 /home/pi/GetWild.mp3

これでGet Wildが再生される・・・んですが、音が小さい。

音量調整は

alsamixer

と打ち込んで調整することも可能ですが、やっぱり百均スピーカー+Raspberry Piでは出力が弱すぎる。

Img_0697

てことで、やはりこいつに登場していただきました。

iPod用スピーカー。こいつのライン入力を使います。

これでRaspberry PiからGet Wild再生環境は終了。

続いて、homebridgeの設定です。

homebridgeのインストール/設定は、前回の記事(Raspberry PiをSiriで操作してみた(Lチカ))を参照願います。

この記事で設定したconfig.jsonを、以下のようにします。

{
    "bridge": {
        "name": "Homebridge",
        "username": "(Raspberry PiのMACアドレス)",
        "port": 51826,
        "pin": "031-45-154"
    },

   "description": "This is an example configuration file with one fake accessory and one fake platform. You can use this as a template for creating your own configuration file containing devices you actually own.",

    "accessories": [
        {
            "accessory": "CMD",
            "name": "GET WILD",
            "on_cmd": "
mpg321 /home/pi/GetWild.mp3"
        }
    ]
}

これで設定完了。あとはコマンドライン上で

homebridge

と入力し、homebridgeを起動。

前回、Insteon+を入れたiPhone 6 Plusで”Get Wildつれて!”って叫ぶと、Get Wildが再生されました。

Img_0699

よくよく考えると変な日本語ですが、homebridgeで”~つけて””~消して”しか制御する方法を知らないため、こうなっちゃいます。

しかも今回のmpg321を使った音楽再生では、上のようにしばらくすると”デバイスからの応答がありませんでした”って返してきます。これでも問題なく動作はするんですけどね。

一応、動画もつけておきます。

ただ音楽を再生するだけなら意味はありませんが、何かのイベントでBGMを流すときの余興くらいには使えそうですね。

Get Wild

« 10自由度で115ドルという安価な組み立て2足歩行ロボットキット”IronBot” | トップページ | あまり知らないのになぜか懐かしさを覚えるコンピュータメーカー”オズボーン” »

iPad」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

憶測ですが、エラーが出るのはmpg321を
起動させたら、そのままhomebridgeがmpg321の終了まで
返答を待っているのでは無いでしょうか。

多分、スグにmpg321を停止して、homebridge側に
処理が移ってきたらエラーは出ないんじゃないでしょうか。

LEDの場合は、他のプログラムを動かしてないから
問題無いんでしょうと予想

こんにちは、mokekyoさん。

おっしゃる通りだと思います。ちなみにバックグラウンド実行にしてもエラーが出るため、プログラムの終了を検知しないとダメなようです。

今度はもう少し実用的な使い方考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63735282

この記事へのトラックバック一覧です: Siriで”Get Wildつけて!”って叫ぶと Raspberry PiがGet Wild再生できるようにしてみた:

« 10自由度で115ドルという安価な組み立て2足歩行ロボットキット”IronBot” | トップページ | あまり知らないのになぜか懐かしさを覚えるコンピュータメーカー”オズボーン” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ