« RoBoHoNの”スマホ”としての使い勝手は!? | トップページ | 雷を毎秒7000フレームの光速度カメラで撮影したら・・・ »

2016年6月 7日 (火)

サンコーの内視鏡型カメラを使って探し物してみた

子供が細かいおもちゃのパーツをいくつかなくしたので、それを探すために以前買った内視鏡型カメラを取り出してきました。

Img_1853

今度はNexus 7は退役、Windowsタブレットでは使いづらいため、ASUS Zenfone 4にて使用。

アプリは以前使ったUsbWebカメラを使用。

Img_1854

ソファーの裏や下にいくつか落ちている感じなので、探ってみました。

Img_1855

こちらはくまなく探してみたものの、見つからず。

Img_1856

ちょっと隙間の大き目なピアノの下も探索。

Img_1857

きたっ!いきなり不気味な変死体(!?)っぽいもの発見!

よく見るとトミカ プラキッズでした。このカメラで見るとちょっと怖いですねぇ。

Img_1858

他にも”Angry Birds Space”のおもちゃに付属するブロックも発見。

などなどいろいろなパーツを発見。

それでもいくつかは見つからなかったんですが、たまにはこうしてチェックしないといけませんね。ちょっと今回、このカメラが活躍です。

ただし7mの長さは不必要。せいぜい2~3mあれば十分です。

また、円形で保存しているために線が丸くなりがちで、奥に入れてるつもりが円を描きながら手前に出てきたりするため、操作するのに難儀してました。針金や木の棒に固定して突っ込んだ方がよさそう。

最近は形状記憶合金で形を変えられる内視鏡型カメラが出たらしいので、そっちの方が便利かもしれませんね。

サンコー Android対応5.5mm径内視鏡ケーブル 3M 形状記憶タイプ MCSFADH3

« RoBoHoNの”スマホ”としての使い勝手は!? | トップページ | 雷を毎秒7000フレームの光速度カメラで撮影したら・・・ »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63706557

この記事へのトラックバック一覧です: サンコーの内視鏡型カメラを使って探し物してみた:

« RoBoHoNの”スマホ”としての使い勝手は!? | トップページ | 雷を毎秒7000フレームの光速度カメラで撮影したら・・・ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ