« バンダイから”さくっと工作!うまい棒の自販機”発売 | トップページ | Androidスマホをお手軽に3Dカメラにしてくれるカメラアダプター「Eye-Plug」 »

2016年6月16日 (木)

旧NASのHDDの復旧を試みましたが

NASが壊れたため、急遽新しいNAS(LS-210D)に乗り換えましたが。

重要なデータはメインPC内にもあるため、旧NASにしかないファイルは別に消えても困らないファイルばかりなんですけど、それでも復活させられるものならさせたいと考えて、ちょっと頑張ってみました。

まずは、旧NASをばらして、HDDを取り出すところから。

Img_1920

まずてっぺんにねじがついてたので緩めたら、取れたのはこのファンだけ。

Img_1921

他にねじは見当たりませんでしたが、底面の注意書きシールをはがすと、爪らしきものが見えてきました。

Img_1922

爪は2か所、こんな感じにドライバーを突っ込んだら

Img_1923

ぱかっと開きました、旧NAS。

Img_1924

5年半分のほこりがすごいことになってます。こりゃ壊れるわけです。

Img_1925

なお、中に入っていたHDDはSAMSUNG製でした。

Img_1926

ファンのコネクタを抜くと、基板ごとケースから外せました。

Img_1927

ねじを5本とると、HDDのみ取り出せます。

Img_1928

HDD以外は処分することに。5年半の間、ありがとうございました。

Img_1929

メインPCにつないでサルベージを試みることに。

Lsch500l01

メインPCで読み込ませると、上のようにいきなりたくさんのドライブが出てきます。

どうやらE~Kドライブ(BD-REドライブ(Fドライブ)を除く)がNASのHDDのようです。

さて、NASのHDDはたいていLinuxかUNIX系のフォーマットになっているため、これを読める環境が必要。

てことで、ググると出てきたのは以下の2つのソフト。

・Exd2fsd : Ext2Fsd Project

・Linux Reader for Windows : Access to Ext 2/3/4, HFS and ReiserFS from Windows

ただ、結論から言えばどちらを使っても読めませんでした。

Lsch500l02

「ディスクの管理」でこのディスクを見てみると、フォーマット種別が「RAW」になってます。

Windowsからだけでなく、上のExt2FsdやLinux Readerから見ても「RAW」。

試しに、この「RAW」ディスクについて調べてみると、次のソフトが浮上。

「TestDisk」というフリーソフトです。

・TestDisk : TestDisk Download - CGSecurity

こいつは元々セクターが一部壊れて読めなくなったHDDのデータを吸い出すために使われるソフトのようですが、”RAW”表示になったときにも有効なようです。

こいつを使って復旧を試みることにしました。

上のサイトから「TestDisk」をダウンロードし、Zipを解凍、その中の「Testdisk_win.exe」を実行。

すると下のようなDOS窓っぽいものが開きます。以後の操作はカーソルキーとEnterキーのみを使用。

Lsch500l11

ここでは「No Log」を選択。

Lsch500l04

復旧したいドライブを選択します。

容量的にどう見ても「K:」ドライブが本体らしいので、これにカーソルを合わせてEnter。

Lsch500l05

なんだかよくわからないものが出てきますけど、ここは「Intel」でよさそうです。

Lsch500l06

「Analyse」を選択します。

Lsch500l08

100%になるまで待ちます。

ここから延々と3時間くらい待たされました。

Lsch500l09

終わったらEnterキーを押します。

Lsch500l10

なんだか「どのパーティションもリカバーできませんでした」というメッセージが出てきちゃいました。

結局、Kドライブは読みだせず。

残念ながら、この時点であきらめました。

このTestDiskも何回かやれば1度くらいあたりが出るかもしれないようですが、そこまで頑張って復活させるほどのデータもないので、すっぱりあきらめることにします。

ただ、HDDが壊れた時は”TestDisk”で復旧できるかもしれないという知見は得られました。

まあ、それだけでも収穫かな。

本当に大事なデータは、2重バックアップなどを心がけましょう。

BUFFALO リンクステーション スマホ・タブレットで使える ネットワークHDD(NAS) データを守るRAID1搭載 2TB LS220D0202C

« バンダイから”さくっと工作!うまい棒の自販機”発売 | トップページ | Androidスマホをお手軽に3Dカメラにしてくれるカメラアダプター「Eye-Plug」 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

buffaloのNASを修理したことがありますが、HDを買って交換し、システムを復元すると復活しましたよ。

私もBuffaloのNASの復旧を行いましたが、最終的に復旧天使というソフトを使いました。
シェアウェアですが、デモ版で復旧できるかどうか確認できるので試してみてはどうでしょうか。

こんにちは、atsuponさん。

うちのは通信系が逝っちゃってる感じでしたので、HDD交換ではちょっと無理そうな感じでした。

どのみち買い替えようかと思っていた矢先だったので、ちょうどよかったのかなぁとあきらめることにいたしました。

こんにちは、rikaさん。

ソフト紹介ありがとうございます。一度試してみます。

復活させたいファイルというのが、家族がドン引きするようなファイル(ネットで拾った面白gifアニメ等の類)等なので、正直それだけの価値があるかどうかという話もありますけど、いろいろ歴史が詰まったものなので何とかしたい気持ちもありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63768610

この記事へのトラックバック一覧です: 旧NASのHDDの復旧を試みましたが:

« バンダイから”さくっと工作!うまい棒の自販機”発売 | トップページ | Androidスマホをお手軽に3Dカメラにしてくれるカメラアダプター「Eye-Plug」 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ