« Raspberry PiをSiriで操作してみた(Lチカ) | トップページ | 世界初の携帯電子レンジ”Wayv Adventurer” »

2016年6月 3日 (金)

ナンバープレートに取り付けて駐車時の衝突を防ぐセンサー”Fender Defender”

最近はクリアランスソナー、バックモニター付きの車から自動駐車までありますけど、そういうものがない車ならこのシステムは便利です。

ナンバープレートにセンサーを取り付けたら車の衝突事故が防げるように : ギズモード・ジャパン

ナンバープレートの部分に後付けでつけられるバックセンサー”Fender Defender”。

iOS/Android端末とBluetoothで接続し、専用アプリで距離を確認することができます。

3m以内を探知し、障害物が接近した場合はスマホの画面と音で警告、衝突を防ぎます。

お値段は149ドル(約16,000円ほど)ですが、現在先行予約中で99ドルだそうです。

FenSens | Wireless Parking Sensor And Mobile App

なかなか便利なセンサーユニットですが、残念ながら日本向けのナンバープレートには対応してなさそう。

そもそも日本では法改正で、2016年4月からナンバープレートに関する法律が厳しくなりました。

ナンバープレート違反法律改正で2016年4月からカバーが禁止!罰金や減点は?

カバーや見難くなるような角度変更は禁止。フレームならば文字が読める程度であればOKですが、ちょっとこのセンサーは上の出っ張りが大きそう。

仮に日本のプレートにあうよう改造してつけてみたところで、一部が隠れてちょっとまずいかもしれません。

いい製品だけに、残念ですね。

バックセンサー 距離表示、音声警告 バックアラーム コーナーセンサー 自動車パーキングセンサー カラーLEDで提示

« Raspberry PiをSiriで操作してみた(Lチカ) | トップページ | 世界初の携帯電子レンジ”Wayv Adventurer” »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63706408

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバープレートに取り付けて駐車時の衝突を防ぐセンサー”Fender Defender”:

« Raspberry PiをSiriで操作してみた(Lチカ) | トップページ | 世界初の携帯電子レンジ”Wayv Adventurer” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ