« XバンドMPレーダーアプリが使えない!?サイトのアドレス変更に伴う不具合発生中か!? | トップページ | iPhone SEはiPhone 6s並の防水性能か!? »

2016年4月 5日 (火)

WindowsでiOS/Androidアプリが開発できる”Xamarin”が無料のVisual Studioでも利用可能に

Windowsでできないことの一つに”iOSアプリの作成”てのがありましたが、Visual Studio 2015でも一応可能でした。が、ついに無料でかなり強力なWindowsでのiOS開発環境を手に入れることができるようになったようです。

[速報]Visual Studioに無料でXamarinが追加。無料のCommunity EditionでもiOS/Androidネイティブアプリが開発可能に。Build 2016 - Publickey

先のBuild 2016で、次のWindows 10アップデートではBashが標準装備されるという話がありましたけど、こんな発表もあったんですね。見逃してました。

このXamarinというソフト、元々は商用ソフトで年間十数万~二十数万円ほどのライセンスを払って使うソフト。

このXamarinを買収し、Visual Studioに標準装備することにしたそうです。

しかも有料のVisual Studio EnterpriseとProfessionalだけでなく、無料のCommunity Editionでも使えるそうで。太っ腹ですねぇ。

さらにWindows上で動くiOSエミュレータもあるそうです。

といっても、iOSアプリはWindowsマシン単体でビルドすることはできないみたいです。下記サイト参照。ただしかなり敷居が下がったことは間違いありません。

XamarinでMacなしでiPhoneアプリを作る その1 ※内容に不備があるため「その2」をご覧ください - ぬいブログ

でもこのためにはWindows 10にしなきゃいけないんでしょうね・・・今まさに移行のための準備中です。

(無料電話サポート付)できるVisual Studio 2015 Windows /Android/iOS アプリ対応

« XバンドMPレーダーアプリが使えない!?サイトのアドレス変更に伴う不具合発生中か!? | トップページ | iPhone SEはiPhone 6s並の防水性能か!? »

パソコン系」カテゴリの記事

Windows Phone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

iOSの開発はどうかは判りませんが
VisualStudioであればWin7でもインストール
可能なのではないですか?

と言うかつい先日VSをWin7の環境に
入れました。iOSのはやる事ないんで
インストールはしませんでしたが。

Win10に移行ってのはどちらかというと
マシンを買い換えての性能アップで
エミュレータなどのレスポンスを上げる為に
必要ってことだと思います。

こんにちは、mokekyoさん。

どこでそう思い込んだのか、今のVisual Studio 2015はWin10が必須だと思ってました。もしかして、Raspberry PiのWindows 10 IoT使うときの話だけなんですかね?

どのみち、近々Win10には乗り換えるつもりなので、それから試してみようかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« XバンドMPレーダーアプリが使えない!?サイトのアドレス変更に伴う不具合発生中か!? | トップページ | iPhone SEはiPhone 6s並の防水性能か!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ