« Bluetooth版「Happy Hacking Keyboard」が限定発売 | トップページ | スマホが黒電話に!?黒電話風受話器がなぜか人気 »

2016年4月21日 (木)

iPhone 5をまたまた復活!

電池パックが膨らんで、液晶パネル+電池パック交換をしたiPhone 5。

ところがくる電池くる電池外れ品で、膨らんだり電圧低下か何かで再起動を繰り返した結果、嫌になって退役させてしまいました。

が、iPad miniが壊れてiPhone 5cを長男用に割り振った結果、予備機がiPhone 4sしかありません。

てことで、iPhone 5の4度目のバッテリー交換を決意。

Img_1568

今度購入したのは非純正品。PSEマーク付き。お値段2,000円。

Apple純正品ばかりを3回変えましたが、いずれも外れ品ばかり。

ということは、Amazon上のApple純正iPhone 5バッテリーは不良品の確率が高いんじゃないかと思えてきます。

初期出荷時のiPhone 5のバッテリーは不具合があり、Appleで交換プログラムが行われたくらいです(その交換プログラム前に自力交換しちゃったため、プログラムを使えず)。

が、そのときの不良品バッテリーが大量にネットショップに出回ったといううわさを聞きました。

このうわさの真偽のほどはわかりませんが、これだけ外れを引くという事はあながちうそじゃなさそうな気がしてきます。

なので、今回はあえて非純正品をチョイス。

通常発送で注文したにもかかわらず、明け方注文したら夕方には届きました。早っ!

Img_1569

早速、このiPhone 5に取り付けます。

Img_1570

中身はこんな感じ。明らかに純正品とは違う風貌ですね。下に引く両面テープまで付いてます。

Img_1571

久々にiPhone 5を割腹。

Img_1572

はずすねじは2箇所でいいんですが、最初上の写真の位置のねじまで取っちゃいました。これははずさなくてもいいねじです。

Img_1573

バッテリーを付け替えて再びパーツをねじ止め。作業は5分程度で完了。

Img_1575

起動します。

Img_1577

起動成功!

電池は40%ほど残ってます。

Img_1578

長らく使ってませんが、iOSは8.4のままでした。

Img_1579

てことで、まずアップデートを実施。

交換初日は問題なく動作。

しかし、数日経ったら本性を現す(?)バッテリーばかりに出会ってきたため、油断せず3日ほど様子見。

しかし・・・今度のバッテリーはいけそうです。問題なく動作。

この製品のAmazonのレビューを読むと「バッテリ持続時間が短い」とか「充電サイクルが記録されない」とかいろいろかかれてますけど、私の買ったやつはちゃんと充電サイクルが記録されてました(Battery Doctorで確認)。駆動時間もそれほど短いとは感じず。

もうしばらく様子見して、よさそうなら子供用iPhoneの予備機として復活させる予定です。

高品質 iPhoneバッテリー PSE独自認証 互換品 修理店舗使用品(iPhone5)

« Bluetooth版「Happy Hacking Keyboard」が限定発売 | トップページ | スマホが黒電話に!?黒電話風受話器がなぜか人気 »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63482587

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 5をまたまた復活!:

« Bluetooth版「Happy Hacking Keyboard」が限定発売 | トップページ | スマホが黒電話に!?黒電話風受話器がなぜか人気 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ