« ええい!Ankerのバッテリーは化け物か!?120,600mAhな大容量モバイルバッテリー登場 | トップページ | Raspberry Piで”地震計”作ってみた »

2016年4月30日 (土)

Googleのエイプリルフールネタだった”物理フリックキーボード”のキット販売

残念ながら、すでに売り切れでした。

Bluetooth物理フリックキーボードキット--販売終了 - スイッチサイエンス

スイッチサイエンスがArduino nano等を組み合わせて、Bluetooth版物理フリックキーボードのキットを19,800円で販売してました。数量限定のため、すでに販売終了。

リンク先を読む限りでは部品を集めるのが大変なようで、今後再販の予定もないそうです。

ただし上のリンク先に回路図や製作方法、コードが公開されているため、頑張れば自作可能。もっとも、基板をどうやって作るのか、見当もつきませんが。

モールスやフリック入力をネタにしてきたGoogleの日本語キーボード エイプリルフールネタですが、来年あたりはいよいよ”脳波入力”がでてきますかね。これを具現化するところが表れるのかどうか、私はほしいですね、脳波キーボード。

KKmoon 59キー 超薄型 ミニ Bluetoothキーボード Android Windows PCタブレッ ト スマートフォン用【並行輸入品】

« ええい!Ankerのバッテリーは化け物か!?120,600mAhな大容量モバイルバッテリー登場 | トップページ | Raspberry Piで”地震計”作ってみた »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63549782

この記事へのトラックバック一覧です: Googleのエイプリルフールネタだった”物理フリックキーボード”のキット販売:

« ええい!Ankerのバッテリーは化け物か!?120,600mAhな大容量モバイルバッテリー登場 | トップページ | Raspberry Piで”地震計”作ってみた »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ