« 根元が破れたLightningケーブルに使えるキャンドゥのケーブル保護カバー | トップページ | iPhone SEは予想以上に売れている!? »

2016年4月27日 (水)

安かったのでArduino Pro mini互換ボード買ってみましたが

色々買うはめになり、結局あまり安く済まなかったという結果に。まあ、これはこれでいいんですけど。

Img_0557

今回買ったのはこちら。

Arduino Pro miniの互換ボード。お値段は300円ちょい。

中国からの発送だったので、届くのに2週間以上かかりました。

Img_0558

安いだけあって、この通りバラバラ。ピンを使わず直接配線する人ならばむしろこの状態の方が好都合ですが。

Img_0560

最近老眼が入り始めた私ですけど、頑張ってはんだ付けしました。

ところで、ここで一つ問題発生。

このボードどうやってPCにつなぐの!?

これが必要でした。

Img_0575

USB-TTLシリアルアダプタモジュールです。400円ほど(送料込みで800円弱)。

このボード、Windows 10のPCにつなぐときはドライバが必要とAmazonのレビューには書かれてましたけど、最近ではつなぐだけで自動認識・ドライバダウンロード・インストールしてくれます。

Img_0577

こいつとArduino Pro mini互換ボードとこんな感じにつなぎ、PCと接続するとあっさり認識してくれました。

このままテストでLチカさせてもよかったんですが、せっかくだからArduinoで赤外線測距センサー”GP2Y0A710K”を使ってみたの時のArduino UNO互換ボードとこいつを入れ替えてみることに。

・・・したんですが、ここでさらに問題発生。

Img_1596

小型液晶パネルとI2C接続するのに必要なアナログポートの”A4”、”A5”のピンがありません

付属のピンヘッダではここ用のピンがなかったため、買わないとだめです。

Img_1594

てことで、今度はピンヘッダを購入。お値段は送料込みで800円弱。

結局ボードより周辺部品にかけたお金のほうがはるかに高い状態に。

Img_1595

一本あれば足りるんですが、10本もついてきちゃいました。電子部品って、こういうパターン、多いです。

Img_1597

でも使うのはたったこれだけ。

もっともピンヘッダ自体はこれからも使い道はありそうですから、無駄ではありませんが。

ここまで買ってようやくPC接続、回路製作完了。テストプログラムを流し込みます。

Arduinopromini01

とその前にひとつやっておくことが。

Arduino IDEでマイコンボードの種類を”Arudino Pro mini”に変えておきます。

Img_1598

こちらはArduino Pro mini+赤外線距離計+小型液晶パネル。

配線がごちゃごちゃしすぎてて、せっかくのArduino Pro miniの小ささがまったく意味なしなことになってますよね。

Img_1599

さて、プログラムを流し込んでいよいよ動作。緊張の瞬間!

Img_1600

動いた!

赤外線センサーでの測定結果を表示してくれました。

Img_1602

それにしてもこのArduino Pro mini、小型用途の工作に使うのには便利そうですが。

ピンヘッダがついてない、USB返還ボードが必要など、ちょっと癖がありすぎるので初心者は要注意ですね。そういうところはやはり”Pro”と銘打ってるだけあります。

気軽に使うにはやっぱりUNOか、せめてnanoあたりが無難かと。

せっかく買ったので、この小ささを生かしたアイデアがないか思案中です。

Arduino Pro Mini 328 5V 16MHz

« 根元が破れたLightningケーブルに使えるキャンドゥのケーブル保護カバー | トップページ | iPhone SEは予想以上に売れている!? »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63522511

この記事へのトラックバック一覧です: 安かったのでArduino Pro mini互換ボード買ってみましたが:

« 根元が破れたLightningケーブルに使えるキャンドゥのケーブル保護カバー | トップページ | iPhone SEは予想以上に売れている!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ