« Arduinoで赤外線測距センサー”GP2Y0A710K”を使ってみた | トップページ | HitBitの未使用品が販売!?お値段約14万円 »

2016年3月13日 (日)

40m四方360度スキャン可能な”sweep”

私なんぞはRaspberry Pi使って周囲6m程度をじわーっとスキャンする”レーダー”作って喜んでたというのに・・・

こちらも360度スキャン可能なセンサー。しかし測定はほぼ一瞬、範囲も40m四方だそうです。

全方位360度をスキャンできるライダーセンサー「Sweep」、お手ごろ価格で登場 | Techable(テッカブル)

この”Sweep”というセンサー。動画を見るとわかりますが、かなり高速で回転する360度センサー。

ドローンやロボットに取り付け、周囲の状況把握、衝突回避に使えるようです。

40mもあればかなり広い範囲をスキャンできそう。しかも速い。

これどう見てもレーザーセンサーですが、40mまで測定できちゃうんですね。

多分、このあたりのセンサーを使い、スリップリングと組み合わせているんだと思いますが。

LIDAR-Lite 2 Laser Rangefinder (PulsedLight) - RobotShop

アメリカはすごいですねぇ。40mも探索できるレーザー距離センサーが普通に売られてます。

最近”Raspberry Piレーダー”作る関係で知ったんですが、”laser rangefinder sensor”でググるといろいろ出てきます。

今なら239ドルで一つ入手可能。日本へは30ドルで輸送可能とのこと。まだ出資目標額にはまだ到達してませんね。少々不安ではあります。

赤外線モーションセンサー 超音波 距離センサー raspberry pi arduino実用セット

« Arduinoで赤外線測距センサー”GP2Y0A710K”を使ってみた | トップページ | HitBitの未使用品が販売!?お値段約14万円 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

おもちゃ系」カテゴリの記事

ロボット系」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63322397

この記事へのトラックバック一覧です: 40m四方360度スキャン可能な”sweep”:

« Arduinoで赤外線測距センサー”GP2Y0A710K”を使ってみた | トップページ | HitBitの未使用品が販売!?お値段約14万円 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ