« 自作Raspberry Pi4足歩行ロボットでRaspberry Pi Zeroに換装 | トップページ | サザエでできたラジオ 発売! »

2016年3月30日 (水)

スマホを使った3Dプリンター”OLO”

スマホと連動ではありません、3Dプリントにスマホそのものを使います

自分のスマホで立体成型ができてしまう3Dプリンター「OLO」 - GIGAZINE

この一風変わった3Dプリンター”OLO”は現在Kickstarterにて資金募集中。

OLO - The First Ever Smartphone 3D Printer. by OLO 3D Inc. — Kickstarter

上の動画を見ていただくとわかりますが、スマホを下において、その上から四角い穴の開いた箱(底面が透明)を置き、最後に”エンジン”と呼ばれる本体を置きます。

真ん中の箱にはあらかじめ3Dプリントの素材となるレジンを流し込んでおきます。

で、このレジンというのが光反応性の物資なようで、専用アプリで表示したスマホの画面にでてきた断面形状に沿って固まり、それを上のエンジンが引き上げてまた別の断面を表示して・・・の繰り返しで3Dプリントできるようです。

しかし、動画を見る限りかなり時間がかかるっぽいですね。一晩は覚悟したほうがいいんでしょうか?

しかし動作部分がほとんどないため、かなり安価なのが特徴。最も安いキットだと99ドルから。4月21日まで受付中。

これ見た瞬間、私もちょっとぐらっときたんですが、手を出すのは保留にしました。買うとしても、市販化されてからかなぁと。

理由は素材のレジンってやつの入手性が不明瞭で、これが安定入手できないとこのプリンターは使い物になりません。

当面は、通常の3Dプリンターがベストチョイスでしょうかね?

3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0

« 自作Raspberry Pi4足歩行ロボットでRaspberry Pi Zeroに換装 | トップページ | サザエでできたラジオ 発売! »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63390042

この記事へのトラックバック一覧です: スマホを使った3Dプリンター”OLO”:

« 自作Raspberry Pi4足歩行ロボットでRaspberry Pi Zeroに換装 | トップページ | サザエでできたラジオ 発売! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ