« Intel純正のスティックPC新モデル発売 CPUがCherry Trailに | トップページ | Centuryから3系統入力対応な10インチ液晶”LCD-10000VH4”発売 »

2016年2月11日 (木)

”Raspberry Piレーダー”を無線AP化してみた

”Raspberry Piレーダー”をさらにスリムにしてみたものの、やっぱり外付けで液晶ディスプレイなどをつけるのはかなり使い勝手が悪い。

ということで、無線AP化して単独で動作、iPhoneのディスプレイでレーダー表示できるようにしてみました。

参考にしたのは以下のサイト。

Raspberry Piのアクセスポイント化 & ルータ化がうまくいかない時はこの通りにやればおk - ami_GS's diary

IPアドレスの設定まで、そのまま使いました。

Img_1158

まだ家の中ですが、自宅の無線LANルーターを介すことなく、iPhoneとRaspberry Pi 2を直接つないでます。

これで外でもスリムに使うことが可能に。

以前、Raspberry Pi大和を作ったときにも無線AP化をやったんですが、Raspberry Pi BではWebiOPiと無線AP両方の負荷に耐えられなくてあきらめたんですよね。

そこへいくとRaspberry Pi 2はクアッドコアということもあって、このあたりの処理はらくらくです。パワーの差を感じますね。

ミンティアRaspberry Pi Zeroをもうちょっとスリムにしてみた際に購入した薄型モバイルバッテリーと組み合わせれば、かなりコンパクトに持ち歩けます。これなら手軽に車載用に持ち込めそうです。

いよいよ、次は車載実験ですかね。

Raspberry Pi2 Model B ボード&ケースセット (Standard, Clear)-Physical Computing Lab

« Intel純正のスティックPC新モデル発売 CPUがCherry Trailに | トップページ | Centuryから3系統入力対応な10インチ液晶”LCD-10000VH4”発売 »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63142365

この記事へのトラックバック一覧です: ”Raspberry Piレーダー”を無線AP化してみた:

« Intel純正のスティックPC新モデル発売 CPUがCherry Trailに | トップページ | Centuryから3系統入力対応な10インチ液晶”LCD-10000VH4”発売 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ