« iOS機の”1970年1月1日”バグと対処法 | トップページ | Arduinoで”雲”を作る!? »

2016年2月17日 (水)

iPad miniの画面が・・・・

久々のiPad miniネタですが、悲しいお知らせです。

こんなにも早くiPad miniが逝ってしまうとは思いもよりませんでした・・・

Img_0378

正確に言えば、画面が割れただけなんですが。

上の写真ではわかりづらいですね。

Img_0379

こうなりました。

どうやら上の子が上から硬いものを落としてしまい、このざまです。

Img_0380

弾着ポイントはここですね。

Img_0381

こんな状態でも問題なくタッチパネルは動作するんですが、ガラスの破片が指先に付くため、ちょっとこの状態で使うのはやや危険。

Appleに画面修理を依頼すると2万円ほど、外部業者でも9千円ほど、パーツを取り寄せて自分でやっても6千円ほどかかります。第一、自分で修理するためには周りの接着剤部分をやわらかくするためのウォーマーなど専用の修理道具がないと出来ません。

どうせ次のiOSではサポート外になりそうだし、このまま退役ということにしました。

同時期(どころか同じ日) に買ったiPhone 5もバッテリパック不調で既に退役済み。退役したiOS端末はこれで6代目(他に第2世代iPod touch、第4世代iPod touch、iPhone 4、iPhone 5、初代iPad)となります。

なお、iPadを買う資金がないため

Img_0382

長男用端末はこれを当てることにしました。

iPhone 5cです。まあ、こっちの方がiPad miniよりはちょっと性能いいですし。

iPadを買いなおすかどうかは未定。とりあえず、3月18日に発売がうわさされているiPad Air 3が出たあたりで考えてみる予定です。

Ipad mini用LCD液晶パネル ディスプレイ 落下等による液晶割れ等の交換修理に

« iOS機の”1970年1月1日”バグと対処法 | トップページ | Arduinoで”雲”を作る!? »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63201384

この記事へのトラックバック一覧です: iPad miniの画面が・・・・:

« iOS機の”1970年1月1日”バグと対処法 | トップページ | Arduinoで”雲”を作る!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ