« Apple Watchでドローンを操作 | トップページ | 日本人保有の零戦22型 ついに日本の空を飛ぶ! »

2016年1月28日 (木)

iOSのSafariで検索しようとすると落ちる不具合と対処法

iOS9.2.1にアップデートしたiPhone/iPad/iPod touchのSafariで、URL欄をタップした途端落ちるという不具合が一部発生しているらしいです。


iOS標準ブラウザ「Safari」で突然終了する現象相次ぐ 暫定的な回避方法 - iPhone Mania


対処法としては、


(1) ホームボタンをダブルクリックしタスク画面でSafariを落とす


(2) 「設定」-「Safari」を開き、「Safari検索候補」の項目をオフにする


これでとりあえず治るそうです。


うちではこの病状は発生してませんね。必ず起こるというわけではないようで、原因も不明なようですね。


上の設定をやってみましたが、これでSafariのURL欄で検索ができなくなるというわけではありません。「Google候補」の前に出てくるWikipediaの欄が出なくなる程度で、あまり使い勝手は変わりませんでした。


とりあえず不具合を抱えてる方はお試しあれ。


Safari(サファリ) 2016年 03 月号 [雑誌]


« Apple Watchでドローンを操作 | トップページ | 日本人保有の零戦22型 ついに日本の空を飛ぶ! »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iOSのSafariで検索しようとすると落ちる不具合と対処法:

« Apple Watchでドローンを操作 | トップページ | 日本人保有の零戦22型 ついに日本の空を飛ぶ! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ