« おでこに当てるだけで体温が測れる体温計”Withings Thermo” | トップページ | Raspberry Pi Zeroの電源をLAN端子から供給する »

2016年1月26日 (火)

Androidで動きアプリも開発可能なBASICインタプリタ”BASIC!”

昔、ログインという雑誌で”べーしっ君”という漫画があって・・・いや全然関係ないんですが、このアプリの名前を見てつい思い出してしまいました。

AndroidでBASICを使う - Qiita

要するにAndroid上で使うBASICインタプリタアプリ”BASIC!”ですが、これがなかなかデキルアプリと聞いて、早速触れてみました。

BASIC! - Google Play の Android アプリ

ここで買って以来まったく活躍の場がなかったASUSのZenfone 4を今回は使用しました。

Screenshot_20160117203003

メニューで”Load”を選ぶと、いくつかサンプルプログラムが入ってます。

Screenshot_20160117202952

なにやらGPSを利用するっぽいプログラムを発見。

ぱっと見た目には、昔のベーマガ時代のBASICというよりVBAっぽいスタイルですね。

メニューから”RUN”を選択すると

Screenshot_20160117202932

どうやらGPS情報を表示しているようです。

こんな感じに、Android端末のセンサー情報やタッチパネルも利用することが可能。

PC経由ですが、APK形式に変換できる方法があるそうで

RFO-BASIC! Suite

この辺りのサイトを使うと変換可能なようです。

言語そのものはBASICというだけあって、比較的簡単に使えるこの”BASIC!”。手持ちのAndroid端末があればすぐに使えて、しかもアプリ開発もできるとあって、プログラムを勉強してみたいという人にはうってつけのアプリです。ただし、情報収集は英語が中心なようですが。

(完成済み)「こどもパソコンIchigoJamU」 BASICでプログラミングができる小型パソコン

« おでこに当てるだけで体温が測れる体温計”Withings Thermo” | トップページ | Raspberry Pi Zeroの電源をLAN端子から供給する »

Android」カテゴリの記事

コメント

SCREENなんてBASICぽいですよね(w

consoie 0,25,0,1:width 80,25:cls 3
for i=1 to 7
locate 30,12:color i:print "イラッシャイマセ!!"
for ii=1 to 1000:next:next

と、書き込みながら思い出したんだけど
昔のPCてテンキーにカンマがあったよな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/63095151

この記事へのトラックバック一覧です: Androidで動きアプリも開発可能なBASICインタプリタ”BASIC!”:

« おでこに当てるだけで体温が測れる体温計”Withings Thermo” | トップページ | Raspberry Pi Zeroの電源をLAN端子から供給する »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ