« iPhone 6sのケースがガラケーに!?なぞのケース 来年販売か!? | トップページ | 乳がん発見手法に使われたのは・・・なんとハト!? »

2015年12月14日 (月)

Raspberry PiのTS抜き録画のため”UHFラインブースター”買ってみた

Raspberry Pi+KTV-FSUSB2で予約可能なTS抜き録画機を構築したおかげでパソコン不要な地デジ録画環境ライフを満喫!

・・・とはいきませんで、問題がひとつ。

それはテレビ愛知が受信できないということ。

Burst00

この通り画面がほとんど真っ黒という状態です。

メインPCにつないだPX-S3Uは問題なくテレビ愛知をつかんでくれるので、明らかにチューナー(KTV-FSUSB2)が悪いんですが、Raspberry Pi+PX-S3Uをやろうにもドライバ類がなくて構築ならず。

なんとかRaspberry Piでの録画環境を完璧なものにしようと、こんなものを購入。

Img_0720

マスプロの”UHFラインブースター”。

地デジの電波を強くしてくれるって商品。今回のような場合には有効なはず・・・です。

で、早速つないで使ってみたんですが。

Img_0722

もともと分岐しているアンテナゆえに、これを使ったところであまり解決せず。

Img_0744

ならばとアンテナ線が空いてる部屋に行ってKTV-FSUSB2+ラインブースター直結。

Burst01

ある程度は改善しましたが・・・まだ画面が紙芝居です。

効果はありましたけど、そもそもチューナーの受信能力が悪すぎです。

これ以外のチャンネル(メ~○レや○海テレビなどどうでもいいチャンネルを含む)はいけるんですけどねぇ・・・テレビ愛知だけがだめ。

Raspberry Piに使えて、ちゃんとしたチューナーを探すしかなさそうです。

1月8日深夜からいよいよ「GATE 自衛隊 彼の地にて斯く闘えり」の2クール目(愛知県ではテレビ愛知で放映)が始まっちゃうんですけど、今のところメインPCで録画するしかなさそうですね。

マスプロ電工 UHFラインブースター 18dB型 UB18L-P

« iPhone 6sのケースがガラケーに!?なぞのケース 来年販売か!? | トップページ | 乳がん発見手法に使われたのは・・・なんとハト!? »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

TS抜き関連」カテゴリの記事

コメント

ラインブースターは極力分配前に噛まさないと、効果が薄いようですよ。
その型の取説にも書いてあるはずですが、増幅部本体はアンテナに直結が望ましいはずです。
頑張って屋根登って下さい(爆)

ちょっとお値段張りますが、ラインブースターでは無く、室内用のブースターを噛ませた方が良いのでは。

@追加
こんな記事が出てました。
ttp://ascii.jp/elem/000/001/028/1028591/
ttp://ascii.jp/elem/000/001/091/1091648/

>Raspberry Pi+PX-S3Uだとドライバ類がない
ラズパイにWin10 IoT入れるって選択肢も…w

そしてwin10 IoTを入れるには
win10が入ったパソコンが必要となり
出費が増えてゆくわけですか

こんにちは、緋呂々さん。

2階のクローゼットの奥にアンテナの分岐がありそうなので、そこまで行けばもしかしたら…

ただ、やっぱりチューナーの問題のほうが大きそうなので、諦めて普通に(?)チューナー買った方が良さそうです。しかしWindows 10 IoTは…

こんにちは、星屑倶楽部さん。

確かに室内用のブースターもいいかもしれませんね。ただ、そこまで手を出すと、Raspberry Pi用のもっといいチューナーが買えてしまうという恐れがあるため、素直にチューナー買おうかということになりそうです。

当面は、テレビ愛知だけはメインPC担当でしょうか。

こんにちは、mokekyoさん。

そうなんですよ、Windows 10が必要なのですが、互換性を考えて別PCを用意するため、ASUSのTrancBookあたりに手を出して…

なんてやってたら、本来の目的以上に出費がかさみそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62853570

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiのTS抜き録画のため”UHFラインブースター”買ってみた:

« iPhone 6sのケースがガラケーに!?なぞのケース 来年販売か!? | トップページ | 乳がん発見手法に使われたのは・・・なんとハト!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ