« iPhoneを”露出計”に!?高感度ライトセンサー”Lumu Power” | トップページ | FREETELが新規加入者向けに「爆速キャンペーン」を開始!加入翌月が10GBまで299円に!! »

2015年12月17日 (木)

ミンティアのケースをRaspberry Pi Zero用ケースにしてみたら

こんなものを買ってきました。

Img_0752

どちらも口臭予防のミント菓子ですが、中身ではなくケースに用があって購入

Img_0753

そうです、Raspberry Pi Zero用ケースとしてです。

Raspberry Pi Zeroのお手軽なケース記事でも紹介した通り、フリスクの方はケースとして使える事は確認済み。

Img_0754

・・・ですが、やっぱり一応は確認して見たいところ。

Img_0755

ケース本体ははまらず、ふたでもこの通り、ちょっとぱっつんぱっつんではめたら外れなさそう。

さて、今回の主役はフリスクではなくミンティアの方。

Img_0757

会社の人でこのケースをばらしてくるくるもてあそんでいる人がいて、それを見て急にこういうことが出来ないかと思い立ったので買ったわけですが。

とくにミンティア取り出し口がmicroUSBにぴったりじゃないかと思ったんですが・・・やっぱりぴったりそうです。

Img_0756

ただしこのミンティアケース、ど真ん中にポッチがついているため、これを削らないとケースが閉まりません。

Img_0758

ポッチを爪きりで強引に切り取り、ケースを閉じたら・・・おお!ぴったり!!

Img_0759

と思いきや、電源用microUSBが遠すぎて挿さりません。

Img_0760

仕方がないので、まずケース裏側のこのキャップ周辺部分を削り取り

Img_0761

これは切り取らなくてもよかったんですが、フタもカット。

Img_0762

取り出し口のポッチをひとつ削り、もう一方を上のようにRaspberry Pi Zeroの四隅の穴のひとつにはめると・・・

Img_0763

なにこの

「測ったな!!!シャア!!!!!」

microUSBの収まり具合は。

Img_0764

ケーブルを挿すと、それはまるで最初からこのために作られたケースのようです。

microUSBケーブルと私のつぼにぴったりはまりました。

Img_0765

もっとも、このままでは外界とつながっていないため、ただの電力消費するだけのミンティアになってしまいますが・・・

機器用microUSBとHDMI用の穴を開けないといけませんね。

Img_0766

また、穴周辺のポッチを根こそぎ削ってしまったため、ふたが閉まりません。

テープなどで固定が必要です。

しかし意外にもぴったりと収まったRaspberry Pi Zero イン ミンティアケース

ミンティアのケースだと若干周りに隙があるので、ここに別の何か(例えばWi-Fiドングルやバッテリー・・・入るかどうかは別として)を収めれば、クレジットカードサイズのコンピューターが完成です。

この大きさで単独で動作できれば、iPhone等の写真バックアップ用モバイルルーターとして使えそうですね。

もう一回り大き目のケースのミンティアもあるので、こちらを使えばもう少しゆとりあるものが作れそうですが・・・このケースサイズにこだわってみたいところ。

ここに収まるWi-Fiドングルとバッテリー、ありませんかねぇ・・・

ミンティアブリーズ リフレッシュブルー 30粒×8個

« iPhoneを”露出計”に!?高感度ライトセンサー”Lumu Power” | トップページ | FREETELが新規加入者向けに「爆速キャンペーン」を開始!加入翌月が10GBまで299円に!! »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62881737

この記事へのトラックバック一覧です: ミンティアのケースをRaspberry Pi Zero用ケースにしてみたら:

« iPhoneを”露出計”に!?高感度ライトセンサー”Lumu Power” | トップページ | FREETELが新規加入者向けに「爆速キャンペーン」を開始!加入翌月が10GBまで299円に!! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ