« デアゴスティーニが実施した「週刊○○ アイデアマン募集!」コンテストで優勝したのは | トップページ | BEEPにてMZ-700のメンテナンス済みモデルが販売中! »

2015年11月28日 (土)

Raspberry Piを宇宙へ送り込める!?多機能センサーボード”Sense Hat”

若干大げさなタイトルですが、本当に宇宙科学分野のことを考えて作られたボードです。

Raspberry Pi Sense Hat - スイッチサイエンス

この”Sense Hat”は、6つのセンサー(加速度、ジャイロ、磁力、気圧、温度、湿度)と8×8の16ビットLEDディスプレイ、4方向+押し込み1方向のジョイスティックをひとつにまとめた多機能センサーボードです。

加速度、ジャイロ、磁力センサーについては、宇宙船の位置、速度を割り出すために使う慣性測定装置として使えるセンサーなため、宇宙科学分野への応用もきくというわけです。

まあ、宇宙でなくてもIoT機器として使うにも必要なセンサー類が集まっており、いろいろ使えそうです。

Pythonで使うためのライブラリも下記を参考に入手可能です。

Sense HAT

お値段も6,000円ちょっと。これだけのセンサーがついてこの値段なら悪くないですね。

何か面白い使い道を思いついたら、私も買ってみようかなと思ってます。

Raspberry Pi インターフェイス開発キット Sense Hat

« デアゴスティーニが実施した「週刊○○ アイデアマン募集!」コンテストで優勝したのは | トップページ | BEEPにてMZ-700のメンテナンス済みモデルが販売中! »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62729412

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Piを宇宙へ送り込める!?多機能センサーボード”Sense Hat”:

« デアゴスティーニが実施した「週刊○○ アイデアマン募集!」コンテストで優勝したのは | トップページ | BEEPにてMZ-700のメンテナンス済みモデルが販売中! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ