« Raspberry Pi 2 買いました!! | トップページ | ほくろが”皮膚がん”なのかどうかがわかる検査アプリ”SkinVision” »

2015年11月24日 (火)

スマホで一眼レフカメラをコントロールできるガジェット”Pulse”

最近の一眼レフカメラではWi-Fiなどでスマホと接続することができますけど、長時間使うにはバッテリーを消耗しすぎてしまいます。

こちらは長い時間接続することを前提にしたカメラ用ガジェットです。

スマホを一眼レフカメラのコントローラーにするガジェットがすごい | Techable(テッカブル)

ただいまKickstarterで資金募集中の”Pulse”というアイテム。

このPulseはNikon/Canon製一眼レフカメラのホットシューに取り付け、カメラとスマホとの間を取り持ってくれるガジェットです。

例えば、雪山の中や夜の寒い星空をタイムラプスで撮影したいときなどに活躍してくれます。これをつけていればテントの中からスマホで操作可能。

シャッターを切るだけでなく、シャッター速度やISO感度も遠隔操作で設定可能。

24時間は連続使用可能。もっとも、スマホ側がモバイルバッテリーなどで持ってくれないと意味がありませんが。

現在74ドルからこのPulseがひとつゲットできるようです。すでに目標金額は突破している模様。

単純なガジェットですが、今までありそうでなかった製品なだけに、欲しいと思う人も案外多いんじゃないでしょうか?

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 ダブルズームキット ブラック 2400万画素 3.2型液晶 D5300WZBK

« Raspberry Pi 2 買いました!! | トップページ | ほくろが”皮膚がん”なのかどうかがわかる検査アプリ”SkinVision” »

Android」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

デジタル一眼レフ」カテゴリの記事

コメント

こういうのこそ、IoTで実現しているんでしょうね。
Wifiと何本かの配線とそれらをカメラの操作させる
コマンドの出力なんでしょうから。

でも、ペンタクスは除外なんですねorz<ペンタクス一筋

こんにちは、mokekyoさん。

まあ、世界はCanonとNikonが多いようですし・・・この辺の制御を統一してくれるといいんですけどね、デジ一。

うちのNikon 1はとりあえずWi-Fi接続可能なため、遠隔操作はできます。ただしそれほどバッテリーが持ちませんが・・・

最新のものがそういう機能があるのは
当たり前?なのかもしれませんから、
逆にペンタクスや古いフィルムカメラに
コントロール出来る環境を作るのは
良くないですかね。デジイチが良くなっても
フィルムを愛する人はいますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62724360

この記事へのトラックバック一覧です: スマホで一眼レフカメラをコントロールできるガジェット”Pulse”:

« Raspberry Pi 2 買いました!! | トップページ | ほくろが”皮膚がん”なのかどうかがわかる検査アプリ”SkinVision” »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ