« 主要な百均のmicroUSBコネクタ付ケーブルを比較した記事 | トップページ | 子供向け英語に安価に接する方法 »

2015年11月19日 (木)

メインPCにどうにも消せないファイルができたので・・・

Raspberry Piで録画したデータをメインPCに転送したら、1つのファイルで「再生できない」、「ファイル消せない」、「触るとエクスプローラーごと不安定にさせる」といった困ったちゃんなファイルができてしまいまして。

Format01

消そうとすると「リサイクルの準備中」と出て、まったく消せなくなります、そのファイル。

こういうファイルの消し方をググると、対処法として

・ コマンドプロンプトで消す

・ ファイル名、拡張子を変えて消してみる

・ 空のフォルダに移して、フォルダごと消去する

・ ”ディスクのクリーンナップ”をしてみる

・・・などというのがあったんですが、いずれもダメ。

とにかく触るだけで不安定に陥れるという悪魔のようなファイル。

容量が大きい(5GB)せいか、メモリも消費してしまいます。

5GB超の同じようなファイルならいくつかあるんですけどね。なぜかこれだけ不安定になりました。

幸いなことに、別のHDD(Dドライブ)だったので、まっさらにすることにしました。

「コントロールパネル」-「システムセキュリティ」-「管理ツール」-「コンピューターの管理」-「ディスクの管理」を開き、DドライブのHDDを右クリックして「ボリュームの削除」を実行。

未割り当ての領域になったら右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択。

これでフォーマットされたまっさらなHDDになります。

Format02

ものはついでだったんで、元々起動ディスクだったため「システムで予約済み」というパーティションが残ってたもうひとつのHDD(E、Fドライブ)も、ボリュームの削除をしてひとつのパーティションにしてしまいました。

この2つのHDDはバックアップ+TSファイル用ドライブなので、早速バックアップを放り込んでます。

ところで、私のうちのHDDは未だに2TBまでなんですよね。

かといって3TB以上のドライブの必要性があるわけでもなく、結局2TBばかり買ってしまいます。

というのも、円安の影響なのか、以前のタイの洪水の影響がまだ残っているのか、ここ数年ほどあまりHDDの容量単価が安くなりませんよね。結局2TBばかり選択してしまいます。

一応、HDDの信頼性を維持するため

・ 2年に一回はHDDを交換(古いのはサブドライブにまわす)

・ HGST、WDを選択する(Seagateはもってのほか)

というポリシーを貫いてます。

HDDといえば、近々NASを買い換えようかと思ってます。さすがに6年ほど経ってますし、今のNAS。容量もせめて500GBから1TBにはしたいところ。

ファイルトラブルで思わずHDDをフォーマットしてしまいましたが、思わず今のHDD環境を振り返るきっかけにもなりました。

BUFFALO リンクステーション スマホ・タブレットで使える ネットワークHDD(NAS) 高速モデル 2TB LS410D0201C

« 主要な百均のmicroUSBコネクタ付ケーブルを比較した記事 | トップページ | 子供向け英語に安価に接する方法 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

今更ですけど…
大概セーフモードとか、あとubuntuなんかで起動して、そっちで処理してやれば削除できる事が多いんですけどね。

こんにちは、緋呂々さん。

そういう方法もありましたか、次の時は試してみます。

ただ大してファイルの入っていないドライブだったので、もっとも短絡的な手段に頼ってみました。今は快適ですが、どういうわけかWindowsのバックアップで、900GB程度のファイルのバックアップに1.6TB以上消費するという現象に悩まされてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62670344

この記事へのトラックバック一覧です: メインPCにどうにも消せないファイルができたので・・・:

« 主要な百均のmicroUSBコネクタ付ケーブルを比較した記事 | トップページ | 子供向け英語に安価に接する方法 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ