« ドスパラのスティックPCがついに1万円切り!(税抜) | トップページ | 農業もIoTの時代へ!センサー装備の電子かかし”e-kakashi”登場 »

2015年10月22日 (木)

あの動画には続きがあった!?”30年後のバック トゥ ザ フィーチャー”の結末

あれは”一部”だったんですね。

先日紹介したプロモーションビデオで再会のバックトゥザフィーチャーの”ドク”と”マーティ”が語る30年後の世界ですが、あの動画での会話のその後が出てました。

どんぐりこ - 海外の反応 海外「未来は明るい!」トヨタが実現したバック・トゥ・ザ・フューチャーの夢の技術に海外が感動

せっせとごみを集めるトヨタ製ピックアップ、そのドライバーが”ドク”と”マーティ”に語ったのは、あの”バック トゥ ザ フィーチャー”で出てきたデロリアンのあのごみで核融合する仕組みが”実現”したという話。

ごみをバイオ燃料に変えて、そこから水素を精製。

その水素を利用して走る車は、ご存知燃料電池車”Mirai”。

この動画が公開されたのは、まさに映画の中でデロリアンが旅立った未来”2015年10月21日”。

つまり、あのデロリアンが実現した、という話の流れです。

さすがに車だけで水素を作り出せるわけでもなく、しかも核融合ではありませんが、”ごみを利用して走れる車”は確かに実用化したというわけです。

2050年までにガソリンで走る車を0にするというビジョンを発表しちゃったトヨタ。今から30年後にはこういう車は当たり前になろうとしているんでしょうかね?

ニューカー速報プラス第15弾 新型TOYOTA MIRAI(ミライ) (CARTOPMOOK)

figure complex ムービー・リボ DeLorean デロリアン 約160mm ABS&PVC製 塗装済みアクションフィギュア リボルテック

« ドスパラのスティックPCがついに1万円切り!(税抜) | トップページ | 農業もIoTの時代へ!センサー装備の電子かかし”e-kakashi”登場 »

書籍・DVD」カテゴリの記事

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62522942

この記事へのトラックバック一覧です: あの動画には続きがあった!?”30年後のバック トゥ ザ フィーチャー”の結末:

« ドスパラのスティックPCがついに1万円切り!(税抜) | トップページ | 農業もIoTの時代へ!センサー装備の電子かかし”e-kakashi”登場 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ