« iPhone 6s/6s Plusの重量が増加した理由 | トップページ | iPhone 6s Plusは供給不足か!? »

2015年9月16日 (水)

色付きの造形品が作成可能なフルカラーUV硬化インクジェット方式3Dプリンター

一般に売られている3Dプリンターは単色かせいぜい2色の造形品しか作れません。

色付きの造形物を作る”インクジェット粉末積層方式”などがあるそうですが、このほど1000万色以上の色彩が表現できる”UV硬化インクジェット方式”による3Dプリンターが発表されました。

3Dプリンタニュース:世界初、1000万色フルカラーUV硬化インクジェット方式3Dプリンタの実力 - MONOist(モノイスト)

造形物の写真を見ると、確かに色彩豊か。これはすごい。

UV硬化インクとサポート材を一層ごとに吹き付ける方法で作られるそうですが、積層ピッチは32μmとかなり微細なため、これだけ細かい造形品を作成することが可能なようです。

この方式の3Dプリンターを2016年秋に発売する予定なようです。もっとも、個人が手軽に変える値段ではなさそうですが・・・

このプリンターを開発しているミマキエンジニアリングでは、フルカラー3D出力サービスも行ってます。大きさは10×10×10mm~290×190×149mmまで対応。お値段は以下。

3辺合計150mm(50×50×50mm)の造形品を作るだけでダヴィンチ Jr.が買える値段になりますが、なにせカラーですからね。

しかし、上の作品事例をみると納得の値段とも言えるかも。

これくらいのクオリティの3Dプリンターが個人向けになる時代もそう遠くはないかもしれませんね。

3Dプリンター ダヴィンチ Jr. 1.0

« iPhone 6s/6s Plusの重量が増加した理由 | トップページ | iPhone 6s Plusは供給不足か!? »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62267171

この記事へのトラックバック一覧です: 色付きの造形品が作成可能なフルカラーUV硬化インクジェット方式3Dプリンター:

« iPhone 6s/6s Plusの重量が増加した理由 | トップページ | iPhone 6s Plusは供給不足か!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ