« Apple 新型iPhone発表前の9月8日にいくつかの製品サポートを終了 | トップページ | 静音マウス購入 »

2015年9月 3日 (木)

絶対に起きて周りの人を起こさない究極の目覚まし!?”やすらぎ”

目覚まし時計ってやつは鳴り出すと周りを起こすことがある上に、本人が起きない場合がある(”無意識自動停止機能”ってやつが覚醒しちゃう)ので厄介ですね。

しかし世の中広いというか、なんと1964年に開発された究極の目覚まし装置があるそうで。

朝弱い人必見! 絶対寝坊できないときに使いたい、超強力目覚ましとは | ニュース&ランキング | Fuminners

”やすらぎ100”というお値段99,000円という結構なお値段のこの目覚まし装置。

布団の下に敷かれたマットが時間になると膨らんで起こされるという装置です。

体を強制的に持ち上げられるため、目を覚まさざるを得ない上に上体を起こしやすくなるという一石二鳥なこの仕組み。

さらにほとんど音を出さないため、特定の人だけ起こすために使えるというメリットも。

元々は旧国鉄での宿泊所で、始発勤務の人だけを起こすために作られたそうです。起床時間の異なるほかの人を起こさないためと、朝4時台でも確実に起こせるための工夫の跡が見られますね。

現在でもJRを始め、警察署や消防署でも使われてるそうな。

これが一般向けに販売されたのは2007年から。以下のサイトより入手可能です。

【NEWタイプ】定刻起床装置 「やすらぎ100」(個人簡易型)

10万円近い価格ながら、年間100台も売れてるそうで。

朝早く起きなきゃいけない職業の人にとっては必需品ですね。

そういえば、そんな感じの童謡がありましたね。

「あさ いちばん おそいのは~ぼくんちのパパ」などといわれないように・・・いや我が家で一番早いのは一応私です。目覚ましは5時半にかけてますが、大抵鳴る前に目覚めます。社畜ですねぇ。

TDK LoR 目覚まし機能付き FMラジオ搭載 ステレオ スピーカー TCC8431

« Apple 新型iPhone発表前の9月8日にいくつかの製品サポートを終了 | トップページ | 静音マウス購入 »

科学・技術」カテゴリの記事

コメント

これ、度々メディアで取り上げられているので、鉄ちゃん以外にも割と有名だと思うのですが、実際に利用している人を追跡取材した番組では、社会人1年生の娘に買い与える親父さんなんてのもおられて、激甘過ぎて面白かったですね
中には、これでも起きられない猛者もいて、結局お医者さんに相談していましたが、睡眠障害は病気の可能性が高いので、あまり軽く考えないほうがいいのかもしれませんね

こんにちは、マジック144点灯さん。

実際よく売れてるようなので、有名なんでしょうね。私は今回初めて知りました。

体を揺さぶるという行為は結構起こせる確率高いですよね。やはり地震などに対する防衛本能でしょうかね。これでも起きられないとなると、確かに睡眠障害である可能性はたかそうですが、うちの下の子も多分起きないんじゃないかと…まだ3歳ですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62186047

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対に起きて周りの人を起こさない究極の目覚まし!?”やすらぎ”:

« Apple 新型iPhone発表前の9月8日にいくつかの製品サポートを終了 | トップページ | 静音マウス購入 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ