« またまたIIJmioプリペイド購入 | トップページ | Android WearついにiOS対応を正式発表! »

2015年9月 2日 (水)

Apple Watchが操作不能に!?原因は・・・

うちのApple Watchでは起こらないケースですが、これを読んでると多くのApple Watchユーザーで起こりうる可能性があります。

突然Apple Watchが操作できなくなりました。原因はよかれと付けたアレ | 面白いアプリ・iPhone最新情報ならmeeti【ミートアイ】

Apple Watchで通知を開こうと画面上側をスライドしても降りてこない、パスコード入力途中でスリープに入る、などなど病状は意外と深刻だったようです。

で、一体何が原因だったかといえば、なんと”保護フィルム”の脇に溜まった汚れ。

Apple Watchの画面は端がラウンドしていて、平面のフィルムでタッチ領域よりわずかに小さいものだったとき、その脇に汚れが溜まるとタッチ操作に誤作動が生じるようです。

でもこれって、もしかしてiPhone 6/6 Plusでも起こりうることなんじゃないかと。

iPhone 6/6 Plusも画面端がラウンドしてて、平面部分しかフィルムが貼れません。

うちの6 Plusでは時々ロック画面からカメラを直接起動しようとして、下からスライドしても途中で止まってしまうことがあるんですが、画面をきれいにすると直ることがよくあります。

もしかしたらこの件同様、画面端の汚れで誤作動していたのかもしれません。

今度同じような病状が出たら、フィルム脇の汚れを掃除してみることにします。

Apple WatchやiPhone 6/6 Plusでタッチパネルの操作異常が起こったら、まずはフィルムの端を磨くというのをやったほうがよさそうです。

【2枚パック】【ShineZone】Apple Watch 42mm 専用強化ガラスフィルム 0.3mm 超薄型.表面硬度9H・飛散防止処理・ 気泡防止・高光沢 ・耐衝撃 保護シール

« またまたIIJmioプリペイド購入 | トップページ | Android WearついにiOS対応を正式発表! »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62180167

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watchが操作不能に!?原因は・・・:

« またまたIIJmioプリペイド購入 | トップページ | Android WearついにiOS対応を正式発表! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ