« iPhone 6s/6s Plusで保護フィルムを使っても3D Touchは使用可能 | トップページ | iOS 9.0.1にアップデート »

2015年9月24日 (木)

名大 4ペタフロップスの”京”直系のスパコン導入

名古屋大学がスパコン”京”の系列のコンピューターを使用したスパコンを導入したそうです。

名大、「京」の流れくむ処理能力4ペタフロップスのスパコン導入-企業へ貸し出し開始:日刊工業新聞

計算能力は4ペタフロップス。京が10ペタフロップスなので、ほぼ半分弱の性能。

計算能力的には日本では京についで2位、世界では20位程度のものだそうで。

学術的な利用のみならず、企業への貸し出しも行うようです。

まあ、性能的には20位とたいしたこと無い(?)ように見られますが、今のスパコンはXeon PhiやGPGPUなど”コプロセッサ”を使ったものが多いですね。世界一になって一時期有名になった中国の天河1号、2号はまさにそれです。

ところが、コプロセッサを利用するアプリケーションはまだまだ少ないのが実情。

私が会社で使っている構造解析用ソフト”LS-DYNA”はGPGPUやXeon Phiどちらにも非対応です(陰解法コードのみGPGPU対応してますけど、肝心の陽解法コードは・・・)。

天河1号は少なくとも8割がコプロセッサによる性能アップ分。CPU部分は2割。

しかし対応ソフトの開発が進んでいないため、利用効率が低いのが実態のようですね。

われらの「スパコン」は高性能だが・・・「運用コスト高く、使えるソフト少ない」=中国メディア - ライブドアニュース

古いニュースですが、今でも成果をあげたという話を聞きません、天河シリーズ。

そういう意味で行くと、”京”やこの名大のスパコンはコプロセッサに頼らない従来型の計算機。

実質的にはもっとも速い計算機といえるようです。

なかなか主要アプリケーションがコプロセッサ対応しない、してても実行効率が低いという現状では、この名大の計算機の役割は大きいと思われます。

うちの会社から近いことだし、貸してもらえないかなぁ・・・でも”京”ほどの能力のマシンでさえ数ヶ月待ちで、しかも申請に時間かかるようですし、ここも人気高そうですねぇ。

次世代スパコン「エクサ」が日本を変える!: 「京」は凄い、“その次”は100倍凄い (小学館新書)

« iPhone 6s/6s Plusで保護フィルムを使っても3D Touchは使用可能 | トップページ | iOS 9.0.1にアップデート »

数値解析系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/62311507

この記事へのトラックバック一覧です: 名大 4ペタフロップスの”京”直系のスパコン導入:

« iPhone 6s/6s Plusで保護フィルムを使っても3D Touchは使用可能 | トップページ | iOS 9.0.1にアップデート »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ