« ドコモ版iPhone 5cの中古価格が他キャリア版の最大2倍! | トップページ | iPhone 6cは金属製筐体で来年前半にも登場か!? »

2015年7月 6日 (月)

Raspberry Pi大和のケース作った

”砲撃”機能もそっちのけで、絶賛放置状態のRaspberry Pi戦艦大和ですが

Img_9073

こんな感じにむき出しのままなため、ほこりかぶってしまいます。

クローゼットにしまおうにも、甲板上の部品が引っかかって壊れてしまいそうなので、専用のケースがほしいところ。

ということで

Img_9072

近所のコーナンでこんなの買ってきました。”プラダンボール”180cm×90cm。お値段548円。

これをうまいこと切った曲げたすればケースが作れるんじゃないかと。

しかしこのボード、大きすぎてポルテじゃないと運べませんでした。iQでは無理。

Img_9074

早速大和を置いてみた。

かなり大きなボードですが、箱にするとなるとぎりぎりのサイズですね。

Img_9075

ところで、ついでに発泡スチロールのキューブも購入。

Img_9076

これを1cm程度の厚みにカットして

Img_9082

こんな感じのものを4つ作成しておきます。

Img_9081

この大和、ただそのまま置いただけではスクリューが当たってしまいます。少し船底を浮かしておかないと重みで曲がってしまいそう。

Img_9077

とりあえず、折り目をつけます。

この大和を収めるには、高さ29cm、幅16.5cmほしいので、こんな感じに線を引きました。

Img_9079

プラダンボールというだけあって、目に沿って刃を出していない状態のカッターの先をなぞれば簡単に線が引けます。

Img_9080

縦の線終了。

Img_9084

横も適当に引きました。

Img_9083

カットして曲げるため、まずは縦方向のカットから。

下敷きは以前大和製作時に使った百均のプラスチックボードを流用。

これ敷いとかないと、床が傷だらけになります。

Img_9085

縦のカットは目に沿って切るだけなので簡単に切れますが、横方向は切りにくい。

Img_9086

悪戦苦闘して何とかカット。

Img_9087

折り曲げて箱状にするには、もう1度カットしないと折りたためません。

Img_9088

なんとか箱型にできるように加工。

Img_9089

ちょっと29cmはとりすぎたかな?やや上側に余裕あります。

Img_9092

ところで、発泡スチロールを箱の底につけるために”漏れボン”を使おうとしたんですが。

Img_9093

発泡スチロール溶けちゃいました・・・

恐るべし、漏れボン。

Img_9094

仕方ないので、同じ形状のものを予備のスチロールで作成。両面テープで止めることにしました。

Img_9090

なんとか完成。

Img_9091

・・・が、隙間が開いちゃいますね・・・板がもう一面足りません。

もうちょっと高さ方向を詰めておけばよかったんですが。

Img_9095

とりあえずテープで3箇所止めておきました。

これでクローゼットなどにしまうことが可能になります。

Img_9096

が、まだ置き場所がないので、しばらくは今までの定位置に置くことに。

元が軽いので、大和と一緒に持ち上げてみても結構軽い。

一見剛性低そうですが、箱状になればほとんど変形しません。

なかなかいいケースができました。

最初は木で作ろうかと思ったんですが、製作が大変だし、完成品は重くなりそうだし、そこでチョイスしたこの材料でしたが、これは正解でしたね。

紐をつけてやれば持ち歩き用にも使えるこのケース。

また洲原池に行ってきましょうかね。

1/350 艦船シリーズ No.30 日本海軍 戦艦 大和 78030

« ドコモ版iPhone 5cの中古価格が他キャリア版の最大2倍! | トップページ | iPhone 6cは金属製筐体で来年前半にも登場か!? »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

おもちゃ系」カテゴリの記事

コメント

おおぅ!立派なケースが出来ましたね。
後は「それらしいラベル」は貼らないんですか?
軍事物資風の(笑)

 まあそれはさておき、発泡スチロールは専用の接着剤が必要です。
体感されたように、普通の有機溶剤が入った接着剤だとどんどん溶けます。

 それから、発泡スチロールを切る時は
乾電池をニクロム線に繋ぐ方式の熱で溶かして切る工具(発泡スチロールカッター)を
使えば、切りクズが出にくいってことがあります。

「発泡スチロールカッター」でググったら、
ダイソーにもありました。(以前店頭で見た記憶もありました。)

今回は、少しの加工でしたので刃物のカッターで十分と思いますが
大がかりな時や3次元曲面(凸面)なんかには便利です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61769902

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi大和のケース作った:

« ドコモ版iPhone 5cの中古価格が他キャリア版の最大2倍! | トップページ | iPhone 6cは金属製筐体で来年前半にも登場か!? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ