« 撮影するだけでその食品に含まれる”プリン体”の量が分かる!?アプリ”プリン体チェッカー” | トップページ | ”リトルウィッチアカデミア”が遂に映画化! »

2015年6月 8日 (月)

メインPCのCPU/マザボ交換!

本当は”メインPCのCPU交換!”だけだったんです。

しょうもないミスで部品とやることがどんどん増えてしまいました。

事の発端はCPUの中古を購入したことから始まります。

Img_7513

Intel Corei3 3220 3.3GHz。約13000円ほどで購入。コアはIvy Bridge。

Img_7514

我が家のマザボ(ASUS P8H61M-LX)で動くCPUで、価格も手軽でパワーアップが望めそうだったんで購入。

要するに、安上がりにパワーアップするためにわざわざ旧世代のCPUを買ったわけで。

が、この後の行動がこの安上がりな選択を無意味なものに変えてしまいます。

Img_7515

我が家のメインPCを開けて、CPU交換したんですが。

今思えば、このとき本体を下ろさずそのまま作業したのがいけなかった

Img_7517

CPUファンをはずしていよいよCPUを抜くときに

Img_7518

レバーが外れなかったんで、ペンチを使ってはずしたんですが。

(※上の写真は当時の再現映像です)

これがきっかけで

マザボ昇天!!!

しちゃいました。。。

電源は入るんですが、Windowsの画面が出てきません。

てっきりCPUが悪いのかと元に戻すも事態は変わらず。

Img_8963

取り出してみるとこんな傷が!

原因は間違いなくペンチでつけたこの傷です。

ちゃんと下に下ろしてやってればこんなレバー簡単に動くんですが、ついつい面倒になって本体を動かさないでやっちゃおうとしたのが運の尽き。

・・・自作で横着しちゃぁ、いけませんね・・・

昔も似たようなことやってわかってたはずなんですけど、時が過ぎるとそんな思い出はすっかり忘れてしまいました。

てことで、しばらくメインPCのない日々が2日ほど続きました。

ほとんどiPhone使ってることが多いので、メインPCなんてそんなに依存してないからなんとか過ごせると思ったんですが。

これがやっぱりないと不便。

まず@niftyのメールが見られない。

iPhoneに動画やPDFファイル入れようと思ってもiTunesが立ち上げられない。

家族の写真や動画も見られない。

妻もネットが見られないと苦情を言ってきます。未だにiPhoneのブラウザをあまり使わないんです、うちの妻。

たった2日間で意外とメインPCの依存度が高いことを思い知らされます

Img_8948

てことで、マザボ買いました。

できればOSの再インストールをしたくなかったので、同じH61チップセットを使った

Img_8950

ASUSのH61M-Eってやつを購入。お値段8000円ほど。

思わぬ出費ですね。

Img_8951

中身はこれ。

Img_8954

こいつにCPUを取り付けます。

Img_8955

ファンは元々のCeleron G530に付属のものをそのまま転用。

Img_8971

そうそう、ファンを取り付ける際はグリスを塗るのをお忘れなく。

いまどきのCPU、そのままつけると結構温度が上がります。

Img_8958

ところで今回買ったマザーボード。元々のマザー(P8H61M-LX)と比べるとほとんど同じようなレイアウト。

Img_8959

ですが、奥行きが結構違います。かなりこちらは短い。

Img_8960

背面を見ると、プリンターポートとシリアルポートがありません。

確かに今はあまり使わないポート類なので、無い方がすっきりします。

Img_8964

ただでさえフルタワーにmicroATXマザーだったところに、さらに幅が縮んだこのマザボつけたらますますスカスカになりました。

Img_8966

とりあえず、このまま元のWindowsを起動してみたんですが・・・

ブルースクリーンが一瞬出てきて、起動せず。

修復セットアップなども試みますが直らず。

同じチップセット、同じメーカー、同じようなレイアウトのマザボでも、やっぱりだめでした。

こんなことなら最初からいまどきのCPU/マザボを買っておけばよかった

後悔しても仕方ないですね。後のフェスティバルってやつです。

Img_8970

そのまま元の起動ディスクにWindows 7を上書きインストールしてもよかったんですが。

ここまできたらいっそ新しいHDDを買ってしまえということで、WDの2TBのドライブを買ってきました。

Seagateは買いません。あのメーカーには2度も痛い目にあってますし、故障率もWDよりも高いそうですから、そこは慎重に選択。

Seagate 3TB HDDに高い故障率 - Backblaze分析報告 | マイナビニュース

実際、こういうデータが出てます。てことで、今はWDか東芝の2択です。

この慎重さを最初から発揮していれば・・・

いっそ3TBにしてもよかったんですが、たまたま売り切れだったのと、私の使い方では2TBでも十分だったため、2TBを選択。

Img_8973

下段の縦置きHDDマウントが余ってるので、ここにこの2TB HDDを追加。

Img_8974

とりあえず、このHDDのみマザボに接続してWindows 7をインストール。

これなら何かが起こっても、残り2台のHDDに影響は及びません。

今思えば、この選択は功を奏したわけですが。

Img_8976

とりあえず有線LANケーブルをつなぎ、グラフィックボードとマザボ付属のCD-ROMでドライバ類をインストール。

Firefox、Microsoft Security Essentialを入れたあたりでもうひとつの悲劇が起こりました。

キャプチャや写真に撮ってませんが、マルウェアに感染しちゃったんです・・・

”iStartsurf”ってやつが取り付いてしまいました。

Istartsurf.comの除去

こいつはブラウザのスタート画面を勝手にiStartsurfというサイトに変えてしまうという厄介なマルウェア。

ブラウザの設定をいくら変えても、ブラウザ起動時に出てくるサイトが”iStartsurf.com”ってやつにされてしまいます。

アンインストールしてもだめ、ググって強制アンインストールソフトを使ったり、レジストリエディタを書き換えたりしてもだめ。ネットで調べられる方法に対しては対策しちゃってるようで、どうにも除去できません orz

てことで、HDDをフォーマットしてOSを再びインストールしました。

この段階ならば、いっそ最初からやり直したほうが早い。

で、この”iStartsurf”ってやつが取り付いた原因ですが。

どうやらここから落とした”Core Temp”ってやつをインストールしたのがいけなかったんじゃないかと思われます。

Core Temp - k本的に無料ソフト・フリーソフト

ちゃんとファンが機能してるかどうか、CPU温度が気になったので落としたソフトですが、小さなソフトのわりにながながとインストールしていたので、多分そのときに余計なソフトを入れてきたんじゃないかと。

ほかにもBaiduの天気予報が入ってたりしたため、iStartsurf以外にもいろいろと入れられてそうです。

Img_8977

CPUの温度はBIOS画面で確認できるので、いちいちソフトを入れなくてもよかったんですけどね。

もう2度とこんなソフト、入れません。

さて、再インストール後からは比較的順調に事は推移。

途中、これまで使っていた2台の2TB HDDを接続し、データを新しいHDDに移します。

といっても、1TB以上のデータのコピーですから、とりあえず一晩かけてコピーしておきました。

Img_8978

で、朝になったらWindowsアップデートもしこたま溜まっていたため、シャットダウンを実行。

上のように更新プログラムのインストールを開始

Img_8980

・・・してから2時間半ほどかけてようやく206個の更新プログラムをインストール。

さて、各種設定を以前のHDDから抜き出さないといけません。

ブラウザ(Firefox)とメールが使えないと不便極まりないので、この二つをまず使えるようにしようとデータ類を移動することに。

しかし、ここでまた困ったことが発生。

”E:\ユーザー\(ユーザー名)\”(元のCドライブ)のドライブにアクセスできません!

Corei301

こんなメッセージが出ます。

ユーザー権限が必要なところはすべてこんな制限がかかっているようです。

”続行”を押しても時間ばかりかかってうまくいかないこともあり。

しかし、これをまず突破しないことには必要なファイルを抜き出すことは不可能

てことで、参考にしたのはこちらの記事。

古いHDDから大事なデータを取り出す2 | アクセス許可の無いデータの移動方法 【蟹帝国 -自作PCとデジカメ-】

要するにセキュリティ設定を変えてアクセス可能にしてやります。

Img_8981

わりと時間かかりますが、アクセスできるようになりました。

これでなんとか必要なファイルが取り出せるようになります。

メールソフト Thunderbirdの移行手順はこちらを参照。

Thunderbirdのメールをまるごと移行(エクスポート)する方法 | Windows 8 / 8.1 徹底攻略

Firefoxのブックマークの取り出し方はこちら。

Firefoxのブックマークの保存場所

本来ならどちらも引越し前にあらかじめ別メディアに入れる or エクスポートしておくとよかったんですが、今回のような事態ではそんなことをしようもなく、無理やり旧HDDから取り出す他なし。

ということで、どちらも”ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\~”にあるところからファイルを取り出して復活。

iTunesの方は一度インストールして、元ドライブの”ミュージック”にあった”iTunes”というフォルダをコピーしたら、購入した音楽とiTunesでリッピングした音楽のみ復活。

動画やずっと以前にCDから取り込んだMP3ファイルなどは自分でライブラリに追加することになりますが、まあたいした数じゃないので手動で対応。

PX-S3UとTVTestやTVRockなどのTS抜き環境は元々Dドライブに構築しておいたため、ドライバを以前の記事(USB版PT2ことPX-S3Uが到着&セットアップ: EeePCの軌跡)を参考に入れて、TVRockを起動したときに”ドキュメント”フォルダにできる設定ファイルを以前のもの(Eドライブのドキュメントフォルダ)を上書きしてやれば動くようになりました。

ただ、mpeg2デコーダがないと地デジ放送が映らないため、Ulead Video Studio 11に付属してたWinDVDを入れることにしましたが、こいつがUlead Video Studio 11を入れてないとインストールできないなどという感じで、なかなか一筋縄ではいかない事態が発生。

まだ入れてないソフトはいくつかあるものの、当面困らない程度の環境まで復活できました。

結局、日曜日を一日つぶしてしまいました。

おかげでブログもメインPCで書けるようになりました。今まさにメインPCで打ち込んでますが、やっぱりどの端末よりも書きやすい。

おかげで長文が捗ります(笑)。

使用時間が減りつつあるとはいえまだまだメインPCへの依存度は高いですね。今回の一件で、つくづく痛感しました。

動画変換だけでなく、iTunesの母艦、各種ファイルの保管庫、ブログ作成端末・・・「そろそろスティックPCの時代かなぁ」なんて思ってましたが、これだけたくさんの役割はやはりタワー型PCでなければこなせませんね。

それにしても、CPUを交換するだけだったはずがマザボ交換HDD追加、そしてマルウェアとの戦い・・・想定以上の格闘をする羽目に。

やはり時々はマザボを扱わないとだめですね。勘が鈍ってます。

今回のようなヘマをやるようじゃ自作ユーザー失格ですわぁ。

iPhoneばかりいじってないで、時々マザボもいじっていこうと思った、6月最初の休日でした。

ASUSTeK Intel H61チップセット搭載マザーボード  H61M-E 【MATX】

« 撮影するだけでその食品に含まれる”プリン体”の量が分かる!?アプリ”プリン体チェッカー” | トップページ | ”リトルウィッチアカデミア”が遂に映画化! »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。大変でしたね。

一応 Core Temp の名誉のために書いておきますと、自分はかなり以前からのユーザーでして、冬場は使ってませんが夏場は常駐させており、これまで問題が起きたことはありません。

今回の記事でバージョンがRC6に上がってる(これまでRC5利用)事に気づいて入手しましたが、やはり特に問題ありません。
自分は普段スタンドアロン版(公式の"Download "の下にある"More downloads... "から入手可)を使用してますので、念の為インストーラー版も落として"BitDefender"にてスキャンしてみましたが陰性でした。

ひょっとして「ミラー 」側のどこかから落とされたモノを使用されたか、もしくはその他の原因ではないでしょうか。
ちなみに自分は「ミラー 」からはどこのリンクを押せば正しいファイルが入手出来るのか分かりませんでしたので、こちらの分は検証しておりません。

こんにちは、緋呂々さん。

私も以前Core Tempを使ったことがあり、それゆえ信頼してたんですが…

Core Tempそのものより、それを配布するところの問題だろうとは思います。それにしてもえらい目にあいました。

元を正せば、自分のミスから始まってるんですけどね…なんとも情けない話です。おかげで色々学習できました。

PCパーツを取り換える時は注意が必要ですよね。

私もこの前めんどくさがってケースにマザーボードを取り付けたままメモリーの増設をしたら
起動シーケンスが変なところで止まってブートしなくなってしまいました。
CMOSクリアをしてもメモリーを差しなおしても直らず、メーカーサポートに問い合わせても
テンプレ回答しか返ってこず、あーやっちまったかと思い念のため
必要最低限のパーツだけ付けて電源入れるとなんとか復活してくれました。

また、不用意に部品を取り外すとそこからPCが生えることもあるので
取り外し後の扱いにも注意が必要ですね。

今年は手に入ればComputexで話題をかっさらっていったH-TowerをIYHする予定なので
同じ間違いを犯さないようにしたいですね。

こんにちは、もみじさん。

こんなことなら最新コアのCPU、マザー買っておけばよかった…と後悔。そうすればもう一台作れたわけですし。

自作で横着はいかんですよね。5年に一回くらいはしくじって、でもまた忘れてパーツ壊して…というのを繰り返してる気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61708033

この記事へのトラックバック一覧です: メインPCのCPU/マザボ交換!:

« 撮影するだけでその食品に含まれる”プリン体”の量が分かる!?アプリ”プリン体チェッカー” | トップページ | ”リトルウィッチアカデミア”が遂に映画化! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ