« iPhone/iPadのアプリ使用に”時間制限”をかける方法 | トップページ | 最大60日間駆動!!な中華スマホ »

2015年5月30日 (土)

未来のiPhoneは裸眼3D搭載か!?

特許が出されたからといって、それが実現するとは限りませんが、その可能性を示唆する特許が出ているようで。

Appleが裸眼3DディスプレイとモバイルWi-Fiルーターに関する特許を出願 - GIGAZINE

Appleが裸眼3DディスプレイとモバイルWi-Fiルーターに関する特許を出していることが確認されたそうです。

なんでも、「2Dと3Dとを同時に見ることが出来る」とか「見る角度によって違った映像が見える多視点映像」が謳われてるそうで。なんだか、わかるようなわからないような。

過去、3Dを売りにして成功したハードというのが正直あまりないのが現状。AmazonのFire Phoneなんて例もありますし。強いていうなら、成功したのは3DSくらいのものでしょうか?

他にも、モバイルWi-Fi手のも出してます。

円筒形で半分本体、半分バッテリーという組み合わせ。スイッチ類は一切なく、この円筒形の本体を回してスイッチを入れるんだそうで。

どうなるんでしょうね、これらは本当に実現するんでしょうか?特にモバイルWi-Fiルーターなんて、なんだかAppleらしくない製品。

なお、次期iPhoneではついに16GBモデルがなくなり、32/64/128GBになるといううわさも出てます。

次期iPhoneのストレージ容量のラインナップは32GB/64GB/128GBか | 気になる、記になる…

まあ、さすがに16GBはもうきついですからね。今は32GBをすっぱかしていきなり64GB担ってますけど、今後は16GBの方がなくなりそう。これは十分ありえる話かと思われます。

次のiPhoneも8月発表、9月初旬に発売なんてうわさも流れてます。どんな機能アップをしてくるのか?判明するのは3~4ヵ月後です。

docomo版 iPhone 6 16GB ゴールド 白ロム Apple 4.7インチ

« iPhone/iPadのアプリ使用に”時間制限”をかける方法 | トップページ | 最大60日間駆動!!な中華スマホ »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61638928

この記事へのトラックバック一覧です: 未来のiPhoneは裸眼3D搭載か!?:

« iPhone/iPadのアプリ使用に”時間制限”をかける方法 | トップページ | 最大60日間駆動!!な中華スマホ »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ