« 次期iPhoneは感圧タッチパネル搭載か?4インチモデルは? | トップページ | ”ロケスマ”がApple Watch対応で便利に! »

2015年5月13日 (水)

ついに1000円札一枚で購入可能なコンピュータが登場!?

といっても、まだKickstarterで出資者募集中の案件ですが。

わずか1000円の激安コンピューター「CHIP」とは? - GIGAZINE

Raspberry Piでさえ4~5000円程度、それがわずか1000円程度で手に入るコンピューターボードの登場です。

この”CHIP”というコンピュータボード、大きさ40×60mmのボードながら1GHzプロセッサ、512MBメモリ、4GBストレージを内蔵、Wi-Fi、Bluetooth 4.0も搭載済み。

電源はRaspberry Pi同様microUSB端子から給電、標準サイズUSBポートを1基搭載。

モニター用にコンポジット出力を内蔵しているようです。オプションのアダプタを使えばVGA、HDMIにも出力可能。

OSにはDebianベースの”CHIP OS”を搭載。

9ドル(約1000円)の出資でCHIP本体、19ドル(約2300円)でCHIP+VGA出力アダプターのセット、24ドル(約2900円)でCHIP+HDMIアダプター、49ドル(約5900円)ならCHIP+Pocket CHIPが入手できるとの事。

PocketCHIPとはこの4.3インチタッチパネル液晶とキーボードが付いたCHIPのモバイル用ケース。内蔵バッテリーで5時間駆動。

画面左上に見えるパターンはGPIO端子。てことは、Raspberry Pi同様電子工作にも応用が利くってことですかね?

まだ世の中に出回っていないためその実力は未知数ですが、これだけみると小さいし各種インターフェースが充実しているし、なによりも無線LANを標準装備しているためRaspberry Piよりは扱いやすいボードに見えますね。

これがRaspberry Piのように世界中のマニアが飛びつくボードに化けるかどうか。すべては製品化されてからですね。

Raspberry Pi2 Model B ボード&ケースセット (Standard, Clear)

« 次期iPhoneは感圧タッチパネル搭載か?4インチモデルは? | トップページ | ”ロケスマ”がApple Watch対応で便利に! »

Raspberry Pi・Arduino・電子工作」カテゴリの記事

コメント

こういうのは何に使うかのアイディア次第
ですよね、センサーを付けて温度のデータを
収集するとか。専用の機器はありますが
自分でセンサーを用意して試してという
楽しみもありますし(w

こんにちは、mokekyoさん。

おっしゃる通りで、どうやらIoT(Internet of Things)狙いの製品っぽいです。Raspberry Piもそういう用途に移行しつつあるようですし。

安くて小さいのがいいですね。

PICなどのマイコンも高性能化
していますが、ネットに繋がるまたは
USBでデータの取得などを考えると
マイコンはパーツを追加が必要になったり
割高になったり、開発に時間がかかったり
しますが、既にUnixベースのOSがのって
いれば、今までの資源を活用して
やりたい事が簡単に実行出来そうですよね。
まず、準備でコケる事って多いですし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/61564471

この記事へのトラックバック一覧です: ついに1000円札一枚で購入可能なコンピュータが登場!?:

« 次期iPhoneは感圧タッチパネル搭載か?4インチモデルは? | トップページ | ”ロケスマ”がApple Watch対応で便利に! »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ